芸人テントが事故死!事故の原因や場所は?加害者は40代会社員!


27日の夜、めったに姿を見せないことから「ツチノコ芸人」と称されていたお笑い芸人の大空テントさんが車に引かれて、搬送先の病院で亡くなってしまうという非常に残念な事故が起きました。今回はこの事故の原因や場所など詳細を調べてみました。

スポンサードリンク


芸人大空テントさんが急死…

めったに姿を見せないことからツチノコ芸人と称されていた吉本クリエイティブエイジェンシー所属のお笑い芸人大空テントさん、本名三浦得生(みうらとくお)さん。

as20160928000062_comml

 

この大空テントさんが27日午後7時50分ごろ、乗用車にはねられてしまったのです。

その後、すぐに病院に搬送されましたが到着したときにはすでに心配停止の状態だったらしく間もなく息を引き取ったそうです。

享年65歳ということでまだまだお元気だったにもかかわらず非常に残念です。

テントさんといえば1981年に第12回上方漫才コンテストで優秀賞を受賞し、その後あの上岡竜太郎さんに弟子入りしたかつての実力派芸人です。

師匠である上岡竜太郎はテントさんのことを天才だと絶賛しており、二代目上岡竜太郎の名を授けようとしていたなどというエピソードも残っています。

最近もごく稀にイベントやテレビで姿を現し、右手で作った蜘蛛と左手で作った蜘蛛を戦わせるというようなシュールなネタを披露していました。

テントさんのネタといえば人間パチンコなども有名ですがそれがもう見られないと思うと悲しいですね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク


事故の原因や場所は?

事故現場は大阪府大阪市天王寺区生玉前町の交差点ということですが、あの大阪市営地下鉄谷町九丁目駅の上にある交差点です。

といってもこの情報だけでぱっと場所の映像が思い浮かぶのは大阪府民、あるいは関西在住の一部の方だけでしょう。

私もかつてその付近の学校に通っていたことがあるのでイメージが浮かびますが、確かにあそこは大きな交差点で交通量も多く、もし信号無視でもしようものなら確実に車に引かれます。

事故当時の状況としては、横断歩道を渡っていたテントさんに走ってきた車が突っ込んできたとのことです。

原因は未だ大阪府警が調査中ですが、加害者による飲酒運転の可能性、あるいはテントさん自身が飲酒して酔っ払っており信号無視などをしたというのも考えられます。

大きな交差点で交通量も多い反面、信号などによりきっちり整備されているのでどちらかによっぽどの原因がなければこのような悲惨な事故は起きないのと個人的には思うのですが捜査の進展を待つしかありません。

スポンサードリンク


加害者は40代会社員!

事故でテントさんを引いてしまったのは44歳の会社員の男性ということです。

会社員の男性は当時、レンタカーで使用される車を回送していたそうですが、つまり仕事中だったわけです。

それならば飲酒運転の可能性はかなり低いと考えられます。

やはりテントさん側に問題があったのか?

もしかして自暴自棄になって交通量の多い交差点に飛び出したとか?

最近は50代、60代といった熟年層の方の自殺が多いというデータも聞いたことがあるし…

いや、勝手な想像はよしましょう(笑)

警察による原因究明を待ちたいと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です