FXの最低限の知識まとめ!レバレッジやスプレッド、ロスカットとは?


FXをするのに必要最低限の知識とは何か?そもそもFXとは何なのか?今回はそんな疑問に答えるために私なりにFXに関する最も基礎的な知識をまとめてみました!初めてFXを始める人はこれを知っていれば一応取引が出来るようになると思いますし、すでにFXをやっている人にとっても再確認になると思いますのでぜひ読んでみて頂きたいです。

スポンサードリンク


そもそもFXって何?

FX とは一般的には「Foreign eXchange 」、正式には「 Margin Foreign Exchange Trading 」の略で和訳すると「外国為替証拠金取引」のことをいいます。

いきなり外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)という言葉を並べられてもどんなものなイメージしにくいと思いますので、具体的な取引を例にすると…

例えば、1ドル=100円のときに1000ドルを100円×1000ドル=10万円で買います。

そして1ドル=110円になったときに持っている1000ドルを売ると、110円×1000ドル=11万円手にすることができ1万円の利益が得られます。

逆に1ドル=90円のときに売ってしまうと90円×1000ドル=9万円しか戻ってこないので1万円損をするということです。

基本的にはこれだけですので非常にシンプルな取引ですよね!

手数料は存在するの?

次に取引に必要な手数料の存在について説明していきましょう。

まずFXを始めるためには必ずどこかのFX会社の口座を開設する必要があります。

今ではほとんどのFX会社は手数料無料とうたっていますが、やはり取引には手数料が少なからずかかってきます。

それはスプレッドというものが存在するからです。

 

スプレッドとは何かというと、

例えば1ドル=100円で買おうとしたとき、1ドル=100.003円で買わされるというものです。

つまり1ドルあたり0.003円の手数料がかかるので、1万ドル買うときには0.003円×10000ドル=30円ということで実質30円の手数料が発生することになります。

 

このスプレッドに関してはFX会社によって、また通貨の組合せによって異なりますが、業界最大手のDMM FXの口座で取引する場合はドル円が1万ドルあたり30円、ユーロ円で1万ユーロあたり70円です

ちなみに私の知る限り他の会社と比べてもこれが最安値なので、私もDMM FXの口座を利用しています。

レバレッジとは?

次は取引する上で大事なレバレッジというものについて説明します。

レバレッジとは一部の証拠金を預ければ、その預けた証拠金の25倍まで取引出来るという制度です。

FXでは一般的に1万通貨を1Lotとしており、1Lot単位で取引を行います。

つまりドルを買うとなれば1Lot 、つまり最低1万ドル買わなければならないので、1ドル=100円だとすると100円×1万ドル=100万円必要だということになります。

もし取引するのに最低限100万円必要だなんて言われても大抵の人は用意できません。

そこで100万円のうちの25分の1、つまり100万円÷25=4万円以上を証拠金として預けてくれれば100万円分の取引ができますというのがレバレッジという制度です。

しかし例えば100万円分の取引をしたいときに、必要な証拠金ギリギリの4万円しか預けないというのはあまりお薦めしません。

なぜなら次に説明するロスカット、マージンカットというものが存在するからです。

ロスカット、マージンカットとは?

FXを行う上で最も恐れるのがロスカット、マージンカットというものです。

これは自分の行っている取引で損失が出て、預けている証拠金が足りなくなった状態が一定時間続いたり、証拠金のマイナスが一定のレベルより大きくなったとき強制的に取引が終了されるという制度です。

 

ロスカットやマージンカットになるケースは以下のような場合です。

例えば1ドル=100円のときに1万ドル買うために、4万円を証拠金として預けていたとします。

しかし1ドル=90円となり1万円の損失が出て、預けている証拠金が足りなくなります。

この状態が1日ほど続くと、

「証拠金が足りない状態が続いています。証拠金を追加するか取引を終了しないでこのまま明日の午前5時を迎えると取引を強制的に終了します。」

という警告が通達されます。

そしてそのままの状態で次の日の午前5時を迎えると強制的に取引が終了されるのです。

また1ドル=100円のときに1万ドル買ったものが1ドル=70円になってしまい、3万円の損失が出て、預けている証拠金が必要な証拠金の3割にも満たない状態になってしまったとき、もはや警告もなく取引を強制的に終了させられます。

 

これが通称ロスカット、別名マージンカットというものです。

こういったロスカットを避けるためにも取引に必要なギリギリの証拠金を預けるのではなく、100万円の取引を行うのであれば最低でも証拠金として5万円、出来れば10万円や20万円を預けることをお薦めします。

知識を得たならば!

さて以上でFXをする上での最低限の知識は得ることが出来たと思います。

ここから先はもう少し本や他のネットの記事などで情報を集めてみるのも良いですし、実際に取引しながら学ぶのも良いと思います。

個人的にはやはり無料でデモトレードが出来るアプリなどもありますので、デモトレードで実際に取引するのが良いと思います。

スマホで気軽に出来るのでお薦めです。

もしFXの口座を開設してみようと思った方は以下の広告からDMM FXの口座が簡単に作れます。



口座開設自体は無料ですし、今なら2万円のキャッシュバックもありますのでお薦めです。

またDMMの口座は業界最大手で手数料となるスプレッドも最も安いので私も使用しています。

口座開設から取引までの手順は…

ネットで申込む→身分証明書の写メを送る→口座に入金→取引できる

というような感じでとても簡単ですのでぜひお試しください。

~関連記事~

ランド円のスワップポイントを狙え!FXで堅実に儲ける方法を紹介!!

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です