田中彩子が情熱大陸に出演!100年に一人の天才とは?

ソプラノ歌手の田中綾子さんが情熱大陸に出演が決定しましたね!私、ニート浦島は音楽、特にオペラには全く詳しくないのですが100年に一人の天才と称される田中彩子さんについて気になったので調べてみました。

スポンサードリンク


経歴

まず簡単に経歴から見てみますと、

もともと田中彩子さんはピアニストを目指していました。3歳からピアノを始めた田中さんですが音大進学を考え始めたころ手が小さかったことによりピアニストを諦めます。

私は始めて知ったのですが手が小さいのはピアニストにとって致命傷なのですね!

そんなときにとある音楽研修で出会った元宮廷歌手の先生。

田中さんの歌声にとてつもない才能を感じた先生は「私が教えるからウィーンに来なさい。」とその場でオーストリアのウィーンへの留学を促したのでした。

そうして18歳で留学し歌手への道を歩み始めた田中さん。

22歳で日本人史上初、かつ劇場における歴代最年少でスイスのベルン市立劇場にてソリストデビューを飾りました。

ちなみにここで言うソリストとはソロで歌う人、つまり独唱者のことを指します。

その後もオペラ魔笛のオーストリアツアーにて夜の女王役で全公演出演を果たしたり、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演でロンドンデビューしたりと数々の有名曲のソリストを務めました。

現在もオーストリアのウィーンに住み、ヨーロッパ各国でその超絶的歌唱テクニックが賞賛されているようです。

スポンサードリンク


100年に一人の天才とは?

田中さんが「100年に1人」と称される理由は“ハイ・コロラトゥーラ”という超高音域を巧みに操るテクニックにあります。

世界にも稀なコロラトゥーラ歌手ですがそのなかでも田中さんの歌声は繊細さと軽さが特徴とされ「まさに天使の歌声」、「鳥のように美しい」と賞賛を浴びてきたようです。

実際の田中さんの声を聞きたい方はこちらから聞けます↓

確かにどこまでも遠くへ響いていきそうなくらい高く、そして小鳥のさえずりのように軽やかで、なおかつ糸が針の穴を通っていくような繊細さに思わず聴き入ってしまいます!

この超高音域の声を自由に!ダイナミックに!!そして繊細に操ることができる点が田中さんを「100年に一人」と言わしめる理由なのですね。

ハア…僕も一回でいいから100年に一人の天才だなんて言われて見たいものですなぁ。

とりあえず「100年に一人の怠け者」という烙印を押されないように記事の更新がんばります(笑)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です