高畑淳子の謝罪会見!質問とそれに対する答えを全て公開!!

俳優の高畑裕太容疑者(22)が強姦致傷の容疑で逮捕されたことに対して、26日午前9時から母親で女優の高畑淳子さん(61)が謝罪会見を行いました。この謝罪会見を見た多くの人から痛々しい!可愛そう!!記者の質問がクズ過ぎる!!!などの理由で見てられないという声が多数寄せられています。今回はそんな謝罪会見での質問とそれに対する高畑淳子さんの答えを全て公開したいと思います。

スポンサードリンク


登場から退場までの全て!

黒いストライプの洋服、憔悴した表情で謝罪会見の会場に現れた高畑淳子さん。

カメラのフラッシュを浴びながら、第一声に

「このたびは大変なご迷惑をおかけいたしました。大変なことを、してしまいました。本当に申し訳ありません。心より、おわび申し上げます」

という言葉を述べた後、数秒間深々と頭を下げました。

そして頭を上げた高畑さんが次に話したのが、迷惑をかけた全ての人に対する謝罪でした。

「被害に遭われた女性の方、息子がお受けしていたお仕事へのキャンセル、撮り直し、どんなに言葉を重ねてもおわびの言葉がみつかりません。今日に至るまでご報告が遅れましたのも、諸事情ございましたけれども、昨日やっと、15分ではございますが、本人に会えましたし、前日にも弁護士さんにも会えることができました。お答えできることをできるだけお答えしたく、このような場を設けさせていただきました。本当に申し訳ございません」

そうしてすぐに質疑応答に移り、1つ目の質問は

Q.事件を聞いたときの思い、昨日、裕太容疑者と面会して、どんな話をしましたか?

それに対して高畑さんは、

「初めてこのことを聞きましたのは、たしか8月23日、仕事が終わった午後3時くらいだったと思います。仕事の後、やらなけれはいけないことがあったので、そこに向かう途中、『事務所に来てくれ!と言われたので、『どうして?』と聞いたら、『裕太君が前橋署に逮捕されました』と初めて聞きました」

「どういうことなのだろうと思っていましたが、初めて知ったのですが、ずっと本人に会えず、皆さんが報道されることを聞くしかないという時間が続きました。その間、お答えしなければならなかったのかもしれませんが、昨日、一昨日、やっと弁護士さんに会え、逮捕直後の裕太の供述が聞けました」

「昨日、初めて接見し、私も初めて知ったのですが、事件のことを聞いてはいけないということで。ご迷惑をかけたお仕事がどういう状況になっているか、撮影し直しなど、そのことをまず、本人に伝えなければいけないということで10分が終わり、本人もただ泣いて『すいません、すいません』と繰り返すばかりで。私たちも初めて…顔を見たのに、かけた言葉もよく覚えていませんが…」

涙をこらえ、言葉に詰まりながらさらに続ける高畑さん。

『ちゃんと自分のしたこと分かっているよね?』といったら、『申し訳ない、申し訳ない』といったことを記憶しています」

この辺はよくドラマなどで見るガラス越しに話す2人を想像してしまい、見ている私も泣きたくなりました。

スポンサードリンク


そうして次々と質問が続きます。

Q.事件のことを聞いて、淳子さん自身はどんな思いを抱きましたか?

「何のことかよく最初は正直、分からなかったです」

Q.(淳子さんが祐太容疑者に)『不祥事を起こしたら私から仕事がなくなる。私から仕事を取らないで』と言ったと伝えられている。どういうお気持ち?

「私どものように皆さまの目に触れる機会が多い人間がいけないことをすると、お互い差し違えて死ぬくらいの覚悟でやらなければ行けない仕事だと。やってはいけないことをやってしまうと、差し違えて死のうね、と。それがどう彼に響いたかはわかりません。」

Q.(そういうことを言っていたということは)やってはいけないことをやるかもしれないという危うさが母親としてあったということですか?

「…それは思春期とかそういう時代にあったかもしれないですね」

Q.具体的に母親として感じる危うさはあったんですか?

「日常生活がきちんと、例えば仕事の前はきちんと寝るとか、不安な要素はありました」

Q.それはいつ頃から?

「小さい頃からあったような気がします」

 Q.面会したときの裕太容疑者の様子は?

「何度も泣いたのか、目が腫れ上がって、震えて泣いているという様子でした」

 Q.罪を認めているようでしたか?

「接見の場で事件のことは一切話してはいけないんだそうです。その後の接見が禁止になるということで」

Q.しかし先ほど話された祐太容疑者の様子からは罪を受け入れている様子だったということですよね?

「そのように思いました」

 Q.どのような言葉をかけましたか?

「(裕太容疑者には)外での様子がまるで分かりませんので、いろんな方に迷惑をかけている状態、どれだけの方にどれだけの迷惑をかけたか、その報告が10分でしたので」

再び言葉に詰まり、それでも言葉を絞り出す高畑淳子さん。

「私どもは……何、言ったんですかね。もうほとんど覚えていないですが、大変なことをしてしまったということと、一生かけて謝らなければいけないよ、と」

「社長と(裕太容疑者の)姉と私で会いましたが。…不謹慎でこんなことを言ってはいけないのかもしれないですが…」

「『私はどんなことがあってもあなたのお母さんだからね。お姉ちゃんはどんなことがあってもあなたのお姉ちゃんだからね』と。申し訳ありませんが、そんなことを言いました」

涙をこらえながらこう話す高畑敦子さんの姿は見ているこっちが悲しくなるものでした。

個人的にはここがもらい泣きポイントのピークです(笑)

さらに謝罪会見は続きます。

スポンサードリンク


Q.今は(被害に遭った女性に)どんな言葉をかけたいと思いますか?

「まず、相手の方の気持ちを考えることです。こんなことになって…。どうか間違いであってほしいと、息子をかばう気持ちになってしまいますが、それはあってはいけないこと。被害者の方が、もし自分の娘だったら、と考えて、物事を冷静に考えないといけないと思います。自分の今いる大切の娘だと置き換えて物事を見ようとしております」

Q.女性に会って謝罪したのか?

「まずお会いしたかったですが、お会いすることはできませんでした」

 Q.会おうという努力はされたのか?会う予定はあるのか?

「(予定は)今のところ立っておりません」

Q.会って何と謝罪したいか?

「まず、おけがのことをうかがわなくてはいけないと思うし、おけが以上に申し訳ない、という言葉しか見つからないです」

 Q.裕太容疑者は、芸能界に入ってから変わったことはありましたか?

「芸能界に入っても、芸能界だからということはないと思いますが、お付き合いは広がると思いますし、それが変化だと言えば、環境はずいぶん変わったと思います」

 Q.最近の裕太容疑者は人気が上がり、(テレビ出演などで)忙しくなってきてましたよね?

「生活のサイクルは変わりましたが、でも、そういうことと、今回の事件を結び付けるものとは思えません」

 Q.高畑さん自身の子育てについてどう振り返りますか?

「自分なりに精いっぱいやったつもりでした。このようなことになった以上、何も言えることはありません。私の子育て方がいけなかったんだと思っています」

Q.どういうことを大切にして、子育てしてきたのか?

「嘘をつかないこと、人さまに迷惑を掛けないこと、人に感謝をちゃんとすること。そのようなことを言ってきたつもりですが…。それは、この場でもう言えることではありません」

Q.なぜ、裕太容疑者は事件を起こしたと思うか?

「彼の甘さだと思います」

 Q.被害者の女性からは、会うことを拒否されたのか?

「ここまで言っていいのか分かりませんが、(警察の)取り調べの時間があるから会えなかった、と聞いています」

 Q.裕太容疑者は、これまで高畑さんに彼女を紹介したりしたことはあったか?

「あります。学生時代にありました」

Q.女性関係はオープンに報告していたのか?

「はい」

 Q.裕太容疑者の『不安な要素』とは、具体的にどういうことなのか?

「規律をちゃんと守れない。中学生時代の遅刻とか、家への帰宅時間とか。そういう、思春期の頃になりますが。例えば、細かなことで申し訳ないのですが、学校での授業態度とか、リポートを細かく出すこととか、一つ一つの規範をちゃんとできないところです」

Q.裕太容疑者は、お酒を飲んだらどうなるのか?

「お酒は普通だったと思います。変わってしまうとか、乱暴になるとかは、私とお酒を飲んだときにはなかったと思います」

 Q.裕太容疑者の性癖について、気づくことはなかったのか?

「それは男の子供を他に持っていないので、男の子はこういうもの、とくらいにしか…」

Q.例えば性欲が強いとか、性的嗜好がおかしいとかは?

「性的嗜好がおかしいと思ったことはなかったですね」

 Q.今後起訴されて裁判。厳しい量刑が予測されるが、このあたりの覚悟は?

「罪を犯した以上、罪に服すべきだとおもっています」

Q.(裁判で)情状証人になる覚悟は?

「何でもやらなくてはいけない、と思っています」

 

 Q.自身の仕事にも影響が出ているが、いかがですか?

「私は、この後、舞台をお引き受けしていて、今回のことがありました。私は(舞台関係者に)『私が舞台に立ってはいけないのでは』とおうかがいを立てました。すると、東宝の方が『高畑さんが(舞台に)立たないといけなんです。1万人が切符を買っているんです』と…。

「この状態でお芝居をやる自信はないですが、舞台になって、今月、今年いっぱいは地方の方に舞台をお見せするのが、私の“贖罪”だと思います」

Q.高畑裕太容疑者は人気急上昇中で、たくさん仕事が来ていた。活躍をどうとらえていましたか?

「ありがたいことだと思っていました」

Q.その仕事に多大な迷惑をかけたと思うが

「許されることではない、と思っています」

 Q.「24時間テレビ」や番組内のドラマでも大役を務める予定だったが

「本当に、おわびの言葉も見つかりませんし、現場の皆さまのことを考えると、もう…想像できないほどの大変なことを、皆さんがなさっているわけですから、何をしたらいいのかも想像がつかないです」

スポンサードリンク


 Q.面会時、裕太容疑者は仕事への迷惑についてどう語っていたか?

「それはもう『申し訳ない。申し訳ない』と…。頭の回路が止まっているみたいでしたが、『申し訳ない』を繰り返すばかりでした」

Q.女性に対する危うさを感じたことはあったか?

「はい」

Q.どういうところで?

「この芸能界に入って、見たことのないようなきれいな方を見て浮かれている様子を皆さまもご存じだと思いますが、あのまま…」

Q.共演者をすぐ好きになってしまうことに関しては?

「女性に限らず、お友達にもそうでしたし、すぐ人を好きなるというか、男女問わず…そういうところはありました」

 Q.イコールこういうことに…

「ここまで愚かだとは思いませんでしたが、そういう危惧は常にあったような気がします」

 Q.裕太容疑者は、淳子さんが今日、会見を開くことは知っているんですか?

「外の情報は何も入りませんので、知らないともいます。新聞、携帯…何も持っていませんので」

 Q.面会時、会見をするということも伝えていないんですか?

「はい。(面会時間が)15分しかありませんでしたので、まずはどれだけのご迷惑をおかけしたかということを事務所の社長さんが10分ほど使って説明してくださいました。(裕太容疑者も)想像はしていたと思いますが、それを聞くのが精いっぱいで、今日のことは言っていないと記憶しています」

 Q.面会時、裕太容疑者はとにかく謝っていたということだが、母から見て、何に対して謝っているように受け取れましたか?

「ご迷惑をおかけした被害者の女性のお気持ち、仕事関係のこと、家族のこと、今までここまで力をお貸しくださり、働く場所を与えてくださった所属事務所の社長さんに対して…すべてのことをなくしてしまうということに対して『申し訳ない』ということだと、私には見えました」

 Q.逮捕から面会まで、少し日にちがあった。送検される様子は見ましたか?

「その間の情報は報道しか頼るものがなかったので、見ました」

 Q.なかなか会えない状況で、送検される裕太容疑者の様子はどう映りましたか?

「『つらい』とかそういうことよりも、『これが現実なのか』というのが、一番近い気持ちかもしれない、と思います」

Q.裕太容疑者は呆然とした様子に見えたが

「昨日もそうですが、頭がよく動いていなくて、事態を整理できていないみたいな状況に、私には見えました」

 Q.成人した子供が不祥事を起こした場合、親の責任について議論になる。高畑さんは親のあり方についてどう思いますか?

「成人した男性ではありますけれども、私はもちろん、その前に、高畑裕太がそうであったように、いろんな方のお力を拝借して、遅咲きではありましたが、このように仕事の場を与えていただいた。一人の母親で、人間でありますけれども…(自分は)商品です。そこのところを自分でどう整理すべきか…。成人した男性であれ、母親の気持ちとしては、ともに贖罪すべきだという気持ちが一番に走っていますが、私だけの気持ちで動いていいのかということも、頭の隅に置かなければ行けない。お答えになっているかどうか分かりませんが…。成人しているからといって、『自分とは関係がない』とは絶対に言えないと思います」

 Q.裕太容疑者の女性に対する態度はどう見えましたか? 偉そう、甘えるなど

「普段の様子ですか? 彼は誰にでも上からとか、そういうことはなかったように思います。特別なことを感じたことはないです」

 Q.今まで女性とトラブルはなかったですか?

「はい」

 Q.思春期の頃は規律を守れないと不安要素もあったと仰った。成人してからも奇行や問題行動はあったか?

「お仕事を始めてからは、学校時代はお勉強も嫌いだったのですが、仕事が始まってからは、自分で目覚ましをかけていました。奇行…ちょっと変わったところはある子でしたけれども、夜、きちんと寝ないとか心配なことはありましたが…。よく仕事をしていましたので、『思春期のあの困った状態の人がここまでなるのか』と思っていた次第なのですが…」

 Q.思春期は目立った問題行動があったんですか?

「お勉強が嫌いだったので、学校が嫌いだったり、遅刻が多かったです」

 Q.不安に感じていたましたか?

「思っていました。ただ、そのときは、変わった要素が意外性を持つという、この場で言うべきことではないと思いますが、ありがたいお仕事だな、と安易に思っていたように思います」

Q.実刑も免れないという報道もある。淳子さんは仕事を続けていく自信は?

「先ほども申し上げましたが、高畑裕太がお仕事関係の方々に多大なご迷惑をかけていると同時に、私がお引き受けしている仕事をここで降りてしまっては、同じことをしてしまう。12月までは務めることが自分の贖罪だと思っています。その後のことは考えていません」

 Q.裕太容疑者とは同居していんですか?

「はい。大学が終わって1人暮らしをしていたのですが、連続して出演させていただける番組がうちの近くだったものですから、1年くらい前に戻ってきました」

 Q.自宅で一緒になる機会は多かったんですか?

「そうですね、私は基本的に外に出ないので、仕事が早かったときは、多いかどうかは分かりませんが、自宅にいる時間もあったと思います」

Q.いつから群馬に行っていたんですか?

「一度行ったのが8月の上旬、10日くらいに行きまして、そして今回です」

Q.最後に裕太容疑者と会ったのは?

「19日か20日くらい、朝出掛けていくときだと思います。早朝の仕事からそのまま群馬に行くということで、泊まりの物がいろいろ、タオルとか、そういう物がなくなっていたので、泊まりに行くんだなということで。顔を見ないまま仕事に行ってそのまま群馬にいった状態。送り出してはいません」

 Q.会話のないままだったんですか?

「顔を合わせてはおりません」

 Q.顔を合わせていない状態がしばらく続いていたということですか?

「でも、帰ってきていますので、夜寝ているところやソファに寝転がっているところは見ています」

Q.昨日、面会では何を差し入れましたか?

「Tシャツです」

Q.Tシャツ1枚?

「はい」

Q.今後面会に行こうという考えはありますか?

「はい」

Q.その際、何か差し入れたいものは?

「今、そこまでは…。すみません」

Q.芸能界に入ってから浮かれていたという話があったが、他の芸能人の方から苦言などを言われていたということは?

「私の知る限りでは苦言というものはなかったと思います。いろんな方からお誘いいただけて、かわいがっていただけているような気がしておりました」

 Q.女性芸能人でかなり嫌がっている人もたくさんいたようだが。それをテレビで流れたときはどういう気持ちでしたか?

「ああいうタイプの男の子が嫌な人は多いだろうな、と思います」

 Q.接見の際、弁護士からはどのような話があったのか。(裕太容疑者は)容疑を認めているのか?

「そのことは皆さま方の方がずっとお詳しいと思いますし、この場で申し上げることはできないと思います」

「あと、私もたびたび、(テレビを見ていて)一視聴者として、こういう会見のときに『どうしてグズグズしていて(はっきりものを)言えないのか』と思っていましたが、世の中には私どもの知らないルールがたくさんあるんだ、と今回知りました。どうか、ご容赦ください」

 Q.裕太容疑者から被害者に謝罪の言葉は?

「申し訳ない、申し訳ないを繰り返すばかりでした」

 Q.高畑さんや仕事関係者への謝罪という意味合いももちろんあると思うが、その謝罪の言葉は被害者に対しての謝罪なのか?

「そのように思っております」

Q.接見時、他に話した言葉は?

「『仕事のご迷惑はどうなっていますか』と言っていました」

 Q.言葉はその2つだけだったんですか?

「…。言ってはいけないんでしょうけれど、『死のうと思った』と言っていましたね。あとは震えて泣くばかりで、理路整然と話せる状態ではありませんでした。どれだけのことを(自分が)話すのかというよりは、(自分が話を聞いて)仕事のご迷惑の報告を自分の中で整理し、外のことを把握しないといけないと思っているようでした」

Q.成人した男性の犯罪に対し、親として会見を開くことについてどう思いますか?

「成人男性ではありますが、私どもの仕事をするうえで、(バラエティー番組への親子共演など)22歳の成人男性ということを切り離せる仕事の仕方ではなかったように思えます」

「また、23日から私の家の前にも、たくさんの方がいらしています。この場で報告しないと近隣の方へのご迷惑もありますので…」

Q.親の立場として、今後、裕太容疑者をどう守るのか?

「そのことに関しては、次にやらなくてはいけないことだと思っています。私は親として、守るとかガードするとかではないですが、最終的にどんなことがあっても、どんなに申し訳ないことをしたとしても、『親である』ことが最後の最後に来ると思います。私の中でちゃんと整理できておらず、すみません」

Q.裕太容疑者は(バラエティー番組などで)女性好きのキャラだった。危ういキャラというのも、彼の人気の秘訣になっていたと思うが、テレビで話していた裕太容疑者のキャラは素のままで、誇張はなかったんですか?

「そのように思っております」

スポンサードリンク


 Q.危うさがあるのであれば、裕太容疑者が活動を続ける上での危惧は持っていたのか?

「それは正直、ないわけではございませんでした。ただ、そのままかというと、バラエティートークショーにわれわれは携わっています。ご質問の答えとは違うと思いますが、そうですね、危惧はありましたですね」

Q.被害女性とお会いできていないということだが、今後、示談に持っていきたい思いは?

「それは、この場で申し上げることはできないことになってしまうと存じます」

Q.今年いっぱいは舞台をやるということだが、高畑さん自身には活動自粛などの選択肢はあるのか?

「私を支えてくれるスタッフもいますし、私個人で判断できない要素もあります。この場で自分の意見だけをいうのは適切ではなく、ご容赦ください」

Q.いつか、息子を芸能界に戻してあげたい気持ちは?

「それは、してはいけないことだと思っています」

Q.今後、裕太容疑者が罪をつぐなう上で、今後、どう生きてほしいか?

「自分がしてしまったことをしっかり自覚し、把握することがスタート。ご迷惑をかけてしまった方々、とりわけ被害者とされる方へ、どれだけの思いをさせてしまったのか。ちゃんと自分の心の中に身につけ、抱えるのが一番です」

 Q.裕太容疑者の「死のうと思った」という言葉を聞き、高畑さん自身はどう思ったか?

「『そんなことを言うなら、こんなことをしてはいけない』と思ったんですけど…」

 Q.事件以来、高畑さんは一睡もしていないと聞いた。自身の体調は?

「大丈夫です」

Q.高畑さん自身も裕太容疑者の芸能界入りに尽力したと言われている。そのことを後悔していますか?

「芸能界に入ったからどうこう、ではないように思います。芸能界に入ったから(今回)こうなった、とはつなげていけないと思います。たくさんの方にかわいがっていただき、力添えをいただきましたことに感謝申し上げます」

Q.売れるまで下積みをさせるべきだったと考えていますか?

「こんなことを言ってはいけないのでしょうけれども、私が(裕太容疑者の仕事の)後押ししたというようなことは一切、ございません。ただ、一緒に出るということは拒否しませんでした。親子でも子役でも、同じ役者は、同じレールの上に立っているものだと思いますので、親だから共演は嫌だということはないです。私が後押ししたということは一切ないです」

Q.今回の事件の責任は、成人男性である裕太容疑者にあると思うが、今後、彼はどのようにこの問題について受け止めていくべきだと思いますか?

「大変なことをしてしまったんだということを、何度も何度も彼が自覚すべきだと思っています。もう、その一言です。ご迷惑をおかけした方のことを、頭の中で、1日、1万回思い出す、それくらいのことを、どんなに謝っても謝りきれないことをしたんだと、自分の頭の中で確認する、ということだと思っています」

スポンサードリンク


Q.裕太容疑者が群馬に行くとき、荷物を準備していたということだったが、歯ブラシを入れたか、確認しましたか?

「息子の荷物の中に歯ブラシがあったかどうかですか? 知らないです」

Q.確認しなかったんですか?

「すみません、息子の荷物は…」

Q.裕太容疑者にどれくらいの仕事量があったか、把握していますか?

「はい。10件以上だったと思っております」

Q.裕太容疑者の仕事について、今後、損害賠償などに発展すると思うが、淳子さんが対応するのか?

「それは歯がゆいですが、そういうことも言ってはいけないことだと思いますが、気持ちとしては『何をしても』という気持ちはありますが…。先ほども申し上げたように、個人で思うことと、私の会社の中の一人の人間として考えなければならないこともあるので…ご容赦ください」

Q.学生時代に彼女を紹介されたこともあったということだが、今現在はどうでしたか?

「ちょっと私には分からないです」

 Q.紹介された記憶はない?

「はい」

Q.事件発覚後、淳子さんに励ましの声は?

「たくさんの方がご連絡をくださいました」

 Q.共演者からも?

「はい、ございました」

 Q.先日、(連続ドラマで共演していた)高島礼子さんにも不幸があったが、高島さんからも連絡はありましたか?

「そういうことはこの場では申し上げてはいけないことだと思っております」

Q.次の面会予定は?

「先ほど申し上げた通り、平日1日1組3人まで、ということですので、まずはご迷惑をおかけしたお仕事関係のことも含めて、会社の関係の方に優先してさしあげなければいけないと思いますし、私が心情的に会いたいという気持ちは後にしなければいけないと思っております」

 Q.裕太容疑者の姉のこと美さんとはお話はされたのか?

「姉は報道があったときに、まず、大泣きをしていましたけれども…。やはり『泣いている場合ではない』と。まずは謝る気持ちと、どうしていかなければいけないかということを冷静に見ていかなければいけないのだから、どっちかがしっかりしなければいけない、ということが交互にありました。今後のことの前に、今やらなければならないことがあると、互いに気づきながら…。家族だけになりますと、違う気持ちがまた、息子への気持ちが出てくるんですけれども、それはいけないんだよと、またお互いに…。それはもうだめなんだよ、ということを言い合っているという感じです」

そうして約1時間にもわたる謝罪会見の終了を司会者が告げました。

「本当にみなさん、長時間、ごめんなさい。ありがとうございました。あの…申し訳ありませんでした。長くお待たせして、お時間、頂戴して…。本当に、申し訳ありませんでした」

淳子さんは最期にもう一度深々と頭を下げ、ふらついた様子を見せながらもスタッフに手を引かれて会場を後にしました。

スポンサードリンク


~関連記事~

高畑祐太が逮捕!被害者は40代の女性ホテル従業員!24時間テレビどうなる?

加藤シゲアキが撮り直しに言及!ヨシノリ先生役としての気丈な姿に感動!

大村正樹が炎上!高畑の謝罪会見での質問がヤバいwネットの反応は?

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です