【リオ五輪】中村美里、海老沼匡が銅メダル!柔道メダル四つ目!!


8月7日、リオ五輪は大会3日目を迎えました!6日に銅メダル二つを獲得していた日本柔道ですが、翌日7日にも2つの銅メダルを獲得しました。今回新たに銅メダルを獲得した中村美里(なかむらみさと)選手と海老沼匡(えびぬままさし)選手の試合の結果などを振り返りたいと思います。

スポンサードリンク


日本柔道金メダル4つ目!

6日に男子60kg級で高藤直寿(たかとうなおひさ)選手、女子48kg級で近藤亜美(こんどうあみ)選手が銅メダルを獲得していた日本柔道。

翌日7日も日本時間の4時半頃に女子52kg級で中村美里(なかむらみさと)選手(27)が銅メダル、5時半頃に男子66kg級で海老沼匡(えびぬままさし)選手(26)も銅メダル獲得しました。

story01_img-04

中村美里選手

img1408963285b

海老沼匡選手

中村美里選手は3位決定戦でエリカ・ミランダ(ブラジル)選手と戦い、延長戦にもつれ込むも大内刈が有効と判定され勝利!

海老沼選手は3位決定戦でアントワヌ・ブシャール(カナダ)選手と戦い、背負い投げで一本勝ち!!

これで日本柔道は銅メダル4つ目となりました。

まだ金メダルは出ていないものの、今のところ試合を終えた4人全員がメダルを獲得しているということで頑張ってくれていますね!

スポンサードリンク


銅メダルでも悔しい…

中村美里選手は8年前に北京オリンピックでも銅メダルを獲得して以来、オリンピックでは2度目の表彰台になりました。

表彰台後のインタビューでは、結果について聞かれると、

「やっぱり悔しさがありますね…」と一言。

しかし前回出場したロンドン五輪での悔しい結果や怪我を乗り越えて獲得したメダルなので「(このメダルを)大事にしたい」と話していました。

また4年前のロンドン五輪に続き2大会連続の銅メダルとなった海老沼選手も、三位決定戦勝利直後のインタビューでは奥さんの存在について聞かれて、

「金メダルとって一緒に喜びたかったんですけど…僕の力不足です、すいません」

と涙をにじませていました。

そして海老沼選手の奥さんで元柔道家の香奈さんも涙を流していました。

キャプチャ11

やはり中村選手も海老沼選手も銅メダルという結果には満足していないようですね…

しかしそういった悔しいという気持ちを持っているからこそ、さらに高みを目指して頑張れるのだと思います。

お2人ともまだ26歳、27歳ということで4年後の東京五輪でも活躍できる年齢です。

今回の結果もさらに糧として頑張ってほしいですね!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です