自民推薦の増田寛也は大丈夫?プロフィールや経歴、家族構成は?


自民党が都知事選で推薦することが決定した元岩手県知事の増田寛也さん。この増田氏は桝添さんの二の舞にはならないのか?本当に大丈夫なのか?というのが正直気になるところですが、その不安を少しでもやわらげられるように増田氏のプロフィールや経歴、家族構成まで調べてました。さっそく見ていきましょう。

スポンサードリンク


プロフィール

img_278895ce9c368942c99c981ac7c78a45129825

名前:増田寛也

生年月日:1951年12月20日(現在64歳)

趣味:サイクリング・乗馬・カヌー・スキー

身長:182cm

体重:77kg

血液型:A型

最終学歴:東京大学法学部

まあ体重や身長はあまり政治には関係なさそうですが(笑)

しかし東大の法学部を卒業しているというところは、さすが官僚って感じですね。

スポンサードリンク


経歴

農林官僚で参議院議員を務めた増田盛(ますだ さかり)さんの息子として生まれた増田寛也氏さんは、東京都世田谷区で幼少期を過ごします。

父の退官を機に東京都品川区の小山台へ引っ越した増田氏は、東京では現在でも偏差値71の名門高校として知られる東京都立戸山高等学校に進学します。

しかしその頃は学生運動が盛んな時期で、授業には余り出席せず本を読んで過ごしたそうです。

しかも卒業式では仲間とともに壇上で暴れ、式を中止させたという逸話も残っています。

あまりお利口さんではなかったようですね(笑)

高校を卒業した後は予備校に通いながら2年間の浪人生活を送り、1972年東京大学法学部へ入学します。

大学4年生のときには2年間浪人していることもあって民間企業への就職は厳しいと考えたらしく、大学の定期試験を受けずに1年留年して公務員試験の勉強をします。

そうして1977年、国家公務員試験合格し建設省(現国土交通省)に入省します。

1982年からは千葉県警察本部交通部交通指導課長に出向してひき逃げ事故の捜査などにあたったり、1986年には茨城県企画部鉄道交通課長を務め首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス建設の準備を進めたりと着々とキャリアを積み上げていきます。

1993年からは建設省河川局河川総務課企画官を務め、ダム削減のため技官との交渉などを行っていましたが、

1994年に岩手県知事選出馬を決意します。

当時、建設省上層部や妻の反対を受けましたが、夫婦に子供がなかったことから落選しても何とかなると妻を説得して退官したそうです。

小沢一郎らの支援を受け1995年に見事当選

当時43歳で、最年少の現職知事として話題になったそうです。

しかし岩手県知事2期目からは小沢一郎さんと決別し、宮城県知事の浅野史郎氏や三重県知事の北川正恭氏などと親しみ、改革派知事の代表格として知られるようになりました。

3期を終えて2007年4月に岩手県知事を退任した後は、

8月から第1次安倍改造内閣で総務大臣内閣府特命担当大臣(地方分権改革)に抜擢されます。

続く福田康夫政権下でも引き続き両大臣を務め、2009年の退任後は野村総合研究所顧問東京大学公共政策大学院客員教授を務めています。

2011年5月に発足した民間研究機関「日本創生会議」では座長を務め、

「東京など都市圏への若者流出と若年女性の減少が進めば、2040年には全国896の市区町村が消滅可能性都市になる」

という考えを2014年に発表するなど「東京一極集中」を批判し地方創生を訴えています。

どうでしょうか。少しは増田寛也さんについてわかってきましたか?

まあ難しい役職がごちゃごちゃしてて少しわかりにくかったかもしれませんが、それなりの実績業務をこなす能力があるのは確かなようです。

スポンサードリンク


家族構成は?

どうやら家族は奥さんだけで、お子さんはいないようです。

奥さんも名前等は公開されておらず、一般人の方です。

もともと岩手県知事に出馬するときも、子供がいないからなんとでもなる!と言って出馬したぐらいですから逆に守るものもなく強いかもしれませんね(笑)

個人的には全体を通して、桝添さんより派手さはないけど仕事はしてくれそうな印象です。

子供もいないので家庭でそんなにお金を使うこともないですし、そういった面でもそこまで心配は必要ない気がします。

あとは増田氏の気質の問題ですね。

自民党の操り人形ではなく都民のために都政を行い、そして日本を代表する都知事として東京オリンピックを牽引できるのかは都民の方々1人1人が判断する必要があります。

次の都知事は桝添さんの二の舞にならないようしっかり選びたいところですね。

 

スポンサードリンク


「自民推薦の増田寛也は大丈夫?プロフィールや経歴、家族構成は?」への4件のフィードバック

  1. 成功したか失敗したかまで書かないと意味ないのでは?

    ネットでは失敗したとの話が多いので。

    あとは前知事のように無駄に韓国優遇をするかどうかも。

    1. コメントありがとうございます。
      なるほど!成功したかまで書かないと大丈夫か判断しかねるということですね。
      あまり経歴を詳しく書きすぎても、読んでくださる方がしんどいかと思ってさらっと流しすぎたかもしれません。
      参考にさせていただきます!
      貴重な意見ありがとうございました。

  2. 既にTVで放映された討論会を見て政策的にも明るく、安定感のある増田
    さんに当選をして欲しいと願っていますが、中には人気投票的に選びがちになる有権者が多くいるのも事実です。
    従い街頭で直接 訴え、有権者と接するのはもちろん必要ですが更なる
    公開討論会の開催を是非マスコミ関係に働きかけ 他の候補者を論破し、
    違いを強くアピールして欲しいと思います。17日の「新報道2001」での討論会も見るつもりでしたが某候補が出てこない為 中止になってしまったとの事で早くも論争を避けたとしか思いません。
    このような現政権の批判を目的に出馬し都の政策を真面に討論出来ない
    ような候補者が都知事になってもいずれ行きづまり 又 都知事選挙になるのではないかと懸念しています。
    他候補に対し余りあからさまな批判は出来ないと思いますがある程度は強く
    政策についての弱点をさらけ出す討論をやって欲しいと思います。
    暑い最中の選挙戦、大変だと思いますが頑張って下さい。

  3. 色々悪評が表面化してまいりましたが、ただファーストクラスの使用していた岳でなく、米国、南米方面の訪問では、なんと奥さんや秘書までファーストクラスを利用しています。かつマイレージもしっかりと登録させていたほどせこい人です。よくも舛添氏の批判ができたのか良識を疑う。待機児童の為に沢山の予算を投入しましょうよとうったえtailが、毎年、6年間 2000万円都民の税金を国庫に移していたのに全く整合性に欠ける。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です