池袋絵意知って誰?ピラミッドダービーに抗議!法的手段も辞さない!

TBSで19日に放送されたバラエティー番組「ピラミッド・ダービー」に出演した池袋絵意知さんが、映像処理で姿を消されていたことに対して猛抗議していることがわかりました。そもそもこの池袋絵意知さんとはいったい誰なのでしょうか?事の経緯と一緒にこの池袋さんに関しても調べてみました。

スポンサードリンク


池袋絵意知とは?

池袋絵意知さんとは観相家、顔研究家、顔面評論家あるいは顔相鑑定士としてテレビや雑誌で活躍されている方だそうです。

090213_1821~0001
090213_1821~0001

これが池袋さんの写真ですが、個人的には想像していたのとは全然違いました。

人の顔を鑑定するくらいだからイケメンなのかなと勝手に思ってしまったのですが…

すいません(笑)

経歴としては出版社で3年半、人材総合サービスで7年半営業を経験した後、人の顔についての研究を始めます。

そして古くからの観相学だけでなく自然人類学や色彩心理等の研究を取り入れ、独自の顔面観相術「ふくろう流観相学」というものを確立したそうです。

多方面から研究した顔に現れる性質を考慮した上で鑑定、アドバイスをすることを信条としているらしく、現在では多くの支持者を得ているそうな。

へぇー、独自の理論を確立したのはすごいですね。

しかし自分の顔に関してアドバイスされた後どうすればいいのでしょうか。

もしや整形をお勧めされるのでしょうか(笑)

スポンサードリンク


ピラミッドダービーにブチ切れ!法的手段も辞さない?

そんな池袋さんが6月19日に放送された、ウエンツ英二とバナナマン設楽が司会を務めるTBS系のバラエティー番組『ピラミッド・ダービー』に対してブチ切れているのです。

池袋さんはこの番組に「顔相鑑定士」としてメンタリストのDAIGOや元刑事らと一緒に、双子が入れ替わったかどうかを当てるコーナーの解答者として参加しました。

本人曰く最終問題まで解答したにもかかわらず、放送では池袋さんが途中で「脱落」し1人だけ姿を消した映像が流れたのです。

これに対して池袋さんは自身のブログで、

「マスメディアによる虐待(モラルハラスメント)です。犯罪です。こちらは法的措置も辞さずです。」

などとコメントしておりTBSサイドもかなり手をやいている状態です。

TBSは「演出の一環のつもりでしたが、事前に説明や了解を得ることなく画像を加工し、行き過ぎた編集がありました」と不適切な演出を認め、池袋さんにも謝罪したといいます。

またそれを受けて、池袋さんは次のようにもコメントしています。

「制作サイドからは、26日の放送で謝罪文を流すという提示がありましたが、その内容に誤解を招くような表現があったので考え直してくださいと申し上げました。

私は、バラエティー番組にある“誰か貶めて笑いを取る”手法は理解しているつもりだし、私自身、イジってもらってナンボという気持ちもあります。

ただ、今回は私のパーソナリティーを全く無視したもので到底、受け入れがたい。しかも、この騒動で扱いづらい人間だとか、トラブルメーカー扱いされかねない。もうホトホト疲れました。」

まあ池袋さんが起こる気持ちもわかりますが、ブログ等で公表するから余計トラブルメーカー扱いされるのではないかと個人的には思います。

製作側に文句を言うのは当然だと思いますが、わざわざ多くの人の目に触れるブログで抗議しなくてもと思っちゃいますね。

しかしTBS側に落ち度があったのは確かですし今後どのような対応を見せるのか見ものです!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です