イギリスのEU離脱による留学への影響は?ポンド安、円高によりラッキー?

先日、国民投票によりイギリスのEU離脱が決定しましたね。これにより色々なところへの影響が懸念されるなか、イギリスに留学を考えていた人は不安な気持ちになっていることでしょう。そこで今回、英国のEU離脱により留学へどのような影響がでるのかを調べてみました。

スポンサードリンク


ポンド安、円高とは?

今回のイギリスのEU(ヨーロッパ連合)離脱による経済への影響としてポンド安、円高という現象が起きています。

実はこのポンド安、円高が留学に大きな影響があるのです。

ポンド安とはEUという後ろ盾をなくしたイギリスへの信用や経済を不安視する人たちが、イギリスの通貨であるポンドを売ってしまい価値がさがることによりおこります。

またこのイギリスのEU離脱により世界全体の経済への影響があるのではないかという不安から、世界の人々は安全資産である日本円を買う動きが起こります。

これにより日本円の価値が上がり、円高となるのです。

イギリスのEU離脱前は1ポンドあたり150円台だったのにも関わらず、EU離脱から2日経った6月26日現在すでに1ポンドあたり140円近くまで下がっています。

ダウンロード

今後さらにポンド安、円高が進み1ポンドあたり120円台になるという見方もあります。

スポンサードリンク


これによって留学費用が安くなる!?

ポンド安、円高が進めばイギリスへの旅行費用や留学費用は安くなります。

なぜなら1ポンドあたり150円以上だったものが120円になると、イギリスで物を買うときに値段が圧倒的に安くなるからです。

例えばイギリスのレストランで10ポンドのランチメニューを頼んだとすると、今までは1,500円以上したものが1,200円になります。

さらには留学先の学校の学費が月に100ポンドだとすると、15,000円以上したものが12,000円で済むようになります。

あるいは留学先で貸りた部屋が月に600ポンドの家賃だったとすると、今まで90,000円以上したものが72,000円で済んでしまうのです。

これはかなり大きいです!

つまり金銭面的にはイギリスのEU離脱は日本の留学生にとってかなりラッキーなのです。

スポンサードリンク


金銭面以外の点では…

金銭面だけを見て、ラッキー!と思って留学に行くのはあまりお勧めできません。

このイギリスのEU離脱によりイギリスの社会でもかなりの変革が起こります。

今まではEU圏内から自由に出入りできた人や物の流れも制限され、海外の企業も続々とイギリスから撤退することが考えられます。

移民が減って治安が良くなるという見方もありますが、経済悪化により失業者やホームレスが増え犯罪も増えるという可能性も考えられなくはありません。

これらのこともしっかりと考慮したうえで英国への留学をお勧めします。

しかし個人的にはこのイギリスの変革のときこそ留学するタイミングではないかと考えています。

だってこんな歴史の変わり目に立ち会えるなんてワクワクするではありませんか!(笑)

実際にイギリスの社会が大きく変わっていくところを現地で生活しながら体感できるなんてことはなかなかしたくてもできるものではありません。

私に留学するお金があったなら迷わず行くでしょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です