イギリスEU離脱によりレアルにも影響が?ベイルが外国人枠に!

2016年24日、英国のEU離脱が事実上確定しました。そんな中でサッカー界への大きな影響が懸念されていますが、その影響がスペインの強豪レアルマドリードにも及ぶ可能性があります。ウェールズ代表のベイルが外国人枠扱いになってしまうのです。これによりレアルはどのような対処を迫られるのでしょうか。

スポンサードリンク


レアルにも余波が!ベイルが外国人枠へ?

イギリスがEUを離脱することでレアルにどのような影響があるのでしょうか。

結論から言うとそれは外国人枠問題です!

レアルが所属するスペインのリーガ・エスパニョーラには各チームの外国人枠が3つと決まっております。

つまり外国籍の選手はチームに3人までしか登録できないのです。

ただしEU加盟国出身の選手は外国人選手として扱いません。

これによりレアルはスペイン以外のEU加盟国出身の有望な選手を自国民選手扱いで多く集め、バルサと並ぶ強豪として君臨してきたのです。

イギリスのウェールズ出身であるMFガレス・フランク・ベイルもその1人でした。

<> on September 15, 2015 in Madrid, Spain.
<> on September 15, 2015 in Madrid, Spain.

しかし今回、イギリスのEU離脱を受けてベイルがEU加盟国出身ではなくなります。

つまり3人しか登録できない外国人枠に組み込まれてしまう可能性があるのです。

現在レアルには、コロンビア出身のMFハメス・ロドリゲス、ブラジル出身のDFダニーロとMFカゼミロがいます。

つまり3つの外国人枠を使い切ってしまっているのです。

これでベイルが外国人枠に入ってしまうと4人目の外国人選手として違反になってしまいます。

要するに4人のうち誰かを移籍、あるいは登録抹消しなければなりません。

レアルとしてはかなり痛いでしょう。

スポンサードリンク


誰を放出するか?

ベイルが外国人選手扱いになった場合、レアルは誰を放出するでしょうか。

個人的にはハメス・ロドリゲスの移籍が濃厚ではないかと思います。

jamejame

実はハメスは最近、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されていました。

今期は7ゴール7アシストと好調でしたが、私生活の乱れによりレアルのジダン監督から信頼を失い試合への出場機会も減っていたのです。

気になる方はこちらもどうぞ。

ハメスのマンU移籍と不祥事に関して

そのため4人のうち1人を放出するとなればおそらくハメス・ロドリゲスでしょう。

スポンサードリンク


その他のチームでも

今回はレアルに焦点をあてて紹介しましたが、このイギリスのEU離脱は他にも多くのチームに影響が出ること間違いなしです。

特にイングランドのプレミアリーグではどのような措置がとられるのか見ものです。

気になる方はこちらもどうぞ。

EU離脱によるプレミアリーグへの影響

このままのルールでは多くの選手が路頭に迷う可能性があります。

一刻も早く新しい改正案を考えていただきたいですね。

スポンサードリンク


「イギリスEU離脱によりレアルにも影響が?ベイルが外国人枠に!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です