ポルトガル代表のナニがバレンシアへ!経歴や結婚相手は?


ポルトガル代表のナニがリーガ・エスパニョーラのバレンシアCFに移籍することが確実と報じられていますね!このナニの経歴や結婚相手が気になったので調べて見ました。

スポンサードリンク


ナニの経歴

16664_ext_04_0

バレンシアCFに移籍することが確実なナニ。

彼は今までどのようなサッカー人生を送ってきたのでしょうか?

1986年11月17日にカーボベルデという国の首都プライアに生まれたナニ。

正式な名前はルイス・カルロス・アルメイダ・ダ・クーニャ(Luís Carlos Almeida da Cunha)といいます。

幼い頃にポルトガルに移り住んだためカーボベルデとポルトガルの二重国籍者です。

クリスティアーノ・ロナウドも排出したリスボンに本拠地を置くスポルティング・リスボン(スポルティングCP)のユースで育ち、18歳のとき(2005年)にトップチームに昇格します。

彼のポジションはFWで切れのあるドリブルが持ち味でした。

2006年9月にはフル代表デビューを果たし、デンマーク戦で得点を挙げています。

また2006-07シーズンには29試合5得点を挙げ、ポルトガルカップでの優勝にも貢献しました。

そうして当時のマンチェスターUのアレックス・ファーガソン監督の目に留まったナニは、

2007年夏(20歳のとき)にマンUへの移籍を決定します。

このとき直後の会見にて「夢の実現」と喜びを爆発させていたそうです。

高い身体能力ドリブルテクニックが評価され徐々にチームに欠かせない存在へとなっていきますが、徐々に年齢も重ね出場機会も減ってきます。

そうして2014年8月20日(27歳のとき)に出場機会を求めて古巣のスポルティングCPにレンタル移籍、2015年にトルコのフェネルバフチェSKというチームに完全移籍します。

このときナニの華々しいサッカー人生はもう終わりを迎えたかに見えました。

しかし15-16シーズンは公式戦通算47試合に出場して12得点・13アシストというすばらしい成績を残します。

これによりまた注目を集め、インテルなどの複数のビッグクラブがナニに興味を示していました。

そんな中で決まったのがこのバレンシアへの移籍です。

バレンシアが属するリーガ・エスパニョーラはレアルやバルサもいて攻撃志向が強い傾向があるため、ドリブル突破を最大の武器とするナニのプレースタイルに最もマッチした舞台だという見方もあります。

今年30歳を迎えるナニですが今後さらなる活躍を期待したいですね!

スポンサードリンク


ナニの私生活

ナニはどのような私生活をおくっているのでしょう。

結婚などはしているのかと調べて見たところ情報は見つかりませんでした。

個人的には今年で30歳を迎えるわけですしお金もかなり持っているはずなので結婚していてもおかしくはないと思うのですが、日本語のサイトには載っていませんでした。

英語やポルトガル語で検索すれば見つかるかもしれないですね。

しかし

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です