宿泊施設活性化機構が無試験無面接採用を実施!評判や口コミは?


2017年3月29日、財団法人「宿泊施設活性化機構(JALF)」がてるみくらぶをはじめとする内定取り消しにあった学校卒業生を無試験無面接で採用することを発表し話題となっています。今回はそんな宿泊施設活性化機構とはどんな組織なのか?またこの宿泊施設活性化機構の評判や口コミに関しても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


宿泊施設活性化機構が無試験無面接採用を実施!

2017年3月27日、資金繰りの悪化で営業の見通しが立たないとして破産手続き開始の決定を受けた旅行会社「てるみくらぶ」。

そんな「てるみくらぶ」は今回の破産の一件により27日同日、2017年度4月に入社予定だった新卒内定者50人に内定取り消しの通告を行いました。

てるみくらぶにはわずか80人の社員しかいなかったのになぜ50人もの新卒内定者を出していたのかというのも疑問が残る部分ですが、

50人の内定者のなかにはすでに東京に新居を借りている人もいる人も多く、これによりてるみくらぶの内定取り消し者が路頭に迷おうとしているという深刻な状況です。

これを受け29日、厚生労働省がてるみくらぶの内定取り消し者向けに新卒応援ハローワークに特別相談窓口を設置したことを公表したりと救済運動も始まりつつあります。

そんななかてるみくらぶ内定取り消し者の雇用にいち早く名乗りを上げ話題になっているのが財団法人「宿泊施設活性化機構(JALF)」です。

JALFは28日にFecebookを通して以下のようなメッセージを投稿しています。

「てるみくらぶ」をはじめとする内定を取消されたみなさん。

「その身柄JALFで引き受けます」キャンペーンを行います。

社会貢献の一環として「とりあえず引っ越ししてしまって困っている」方々も含め、選考を行わず内定を出します。

  • あなたが優秀な場合:一生JALFにいてください。
  • あなたがそれほどでも…:数か月、雨風をしのいでください。

ご希望の学卒者の方はダイレクトメッセージをください。

ご覧になった方々、社旗貢献の一環としてシェア願います。

以上がJALFがFecebookで打ち出しているメッセージです。

個人的には、

「雇ってほしかったら雇ってやるよ。」

と言われているような若干上から目線のメッセージで正直気に入りませんが、内定を取り消された方々からするとありがたいお話なのかもしれません。

応募には入社の意志と簡単な履歴書が必要で、締め切りは3月31日23時59分。

雇用形態は基本的に正社員で、採用条件などは一部変更の可能性があるものの、同財団HPの求人募集とおおむね同じと公表されています。

29日15時頃ですでに1人から申し込みがあり、8人ほどから問い合わせが来ていることから、申し込み人数があまりにも増えるようであれば人手不足に悩む会員企業のホテルなどに引き受けてもらうことも検討するとのこと。

興味がある方はぜひ宿泊施設活性化機構のFecebookからダイレクトメッセージで問い合わせてみてください。

スポンサードリンク


宿泊施設活性化機構(JALF)ってどんな財団?評判や口コミは?

さて今回、てるみくらぶの内定取り消し者の雇用にいち早く手を挙げた宿泊施設活性化機構(JALF)とはいったいどんな財団なのでしょうか。

そもそもJALFというのは、

Japan Accommodation and Lodging Foundation

の略で、直訳すると「日本宿泊施設財団」。

このJALFがどんな組織なのかを簡単に説明すると…

登録してもらったホテルや旅館などの宿泊施設から年会費を受け取る代わりに、それらの宿泊施設の財政赤字を黒字化するためにサポートするということを目的とした会員制公共団体です。

建築家の隈研吾氏や星野リゾート代表取締役社長の星野佳路氏、オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役社長の小山薫堂氏らが理事をつとめていることですが、従業員は約10人の小さな組織。

給料はHPによると、正社員(健康保険共済年金雇用保険労働保険加入)で14万円~35万円とのこと。

QMemo+_2017-03-29-17-12-08

↑詳しくはこちらの画像を参照

知名度はそれほど高くないため、評判口コミなどはあまり存在しておらず、ネット上の反応を見る限りでは、

「宿泊施設活性化機構様の懐の深さは素晴らしい。」

「宿泊施設活性化機構めっちゃイケメン!」

「売名行為としては非常に頭の良いやり方だと思う。」

「ホテル業界で長年働いてるけどそんなとこ聞いたことない。」

「なんかうさんくさい。」

というように当然ながら賛否が分かれる始末。

個人的には宿泊施設活性化機構は31日23時59分まで応募してるようですし、

焦らずに一度疑問点などを問い合わせてみて、従業員の方の対応なども踏まえて決めるのはもちろん、

厚生労働省が設置したハローワークの特別窓口などにも出向いて、他の企業の募集なども一度ご覧になったうえで判断するのが良いと思います。

てるもくらぶの内定取り消しは非常に残念でしたが、内定取り消し者の皆さんには非はないですし自信をもって、また新たに気持ちを入れ替えて就職活動を頑張っていただきたいですね。

応援してます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です