小6飲酒運転!名前や画像は?バイク3人乗りで那覇市と名護市往復!?


2017年2月12日、沖縄県那覇市に住む小中学生が125ccのバイクで3人乗りをしていたところ事故を起こした事件で小学校6年生の児童(12)が飲酒運転ならびに無免許運転などで児童相談所に送られていたことがわかりました。今回はそんな沖縄小6飲酒運転に関して、バイクを運転していた小6の生徒の名前画像などについても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


小6児童が飲酒&無免許でバイク3人乗り?

2017年2月12日に沖縄県恩納村山田の国道58号で起きた事故。

125ccのミニバイクに小中学生が3人乗りをした挙句、事故を起こして那覇市に住む中学男児(15)が亡くなるという衝撃的な内容でしたが、

そのバイクを運転していたのはなんと小学校6年生の男児(12)で、さらに運転する前に飲酒していたことが23日にわかりました。

小中学生らは11日に家族名義のミニバイクを3人乗りして那覇市から片道60kmある名護市に向かい、12日にまた3人乗りで帰っている最中に転倒。

その後の警察の調査で小中学生らの血中のアルコール濃度を調べたところ、小6の児童から基準値を超える値が検知されました。

事故により亡くなった中学生の男児(15)と右鎖骨骨折を負った少女(14)からはアルコールは検知されていないとのこと。

また沖縄県警石川署が2人の供述や走行経路に設置された防犯カメラ映像などを解析して小学校6年生の男児が運転手であることを特定しました。

無免許運転はもちろんだめですが、よりによって何故彼らは最年少でかつ飲酒までしていた小学校6年生の児童にバイクを運転させたのでしょうか…

しかも名護市から那覇市から約60kmともなれば車でも1時間以上はかかります。

QMemo+_2017-02-23-14-01-32

↑名護市から那覇市の経路の画像

それを125ccのバイクで、しかも3人乗りで、さらに未成年で飲酒運転となると事故を起こすのは当然ですよね。

警察の取調べに対し、運転していた小6児童は、

「酒を飲んで運転していたのは間違いない。」

と容疑を認めていて、

すでに自動車運転処罰法違反(過失致死傷、無免許)道交法違反(酒気帯び)の疑いで沖縄県県中央児童相談所に送致されています。

小6の児童には児童相談所でしっかりと反省し、素行を改めてくれることを期待したいですね。

小6児童の名前や画像は?

さて今回、未成年の身でありながら無免許はもちろんミニバイクに3人乗り、そして飲酒運転までして事故を起こし、友人の命まで奪うことになってしまった小6児童というのはいったいどんな子だったのでしょうか。

未成年ということで少年法により刑事責任にも問えず、やはり現時点で名前や画像などは公開されておりませんし、今後も公表されることはないでしょう。

今後明らかになるとすれば同級生らのSNSからの流出などが考えられますが、少年の今後の社会復帰のためにも公表されないほうが良いのかもしれませんね。

今後、少年が改心し真面目に生きてくれることを願いましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「小6飲酒運転!名前や画像は?バイク3人乗りで那覇市と名護市往復!?」への1件のフィードバック

  1. 私がリポーターになったら絶対に言うと思いますが、皆今年1月までに誕生日を過ぎててよかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です