【関学】40代外国人の非常勤講師は誰?放射能発言でネット炎上!


2017年2月21日、関西の有名私立大学「関関同立」の一角である関西学院大学で40代非常勤の外国人講師が福島出身の女子学生に対し差別的な発言をし、懲戒処分になっていたことがわかりました。今回はそんな関学の40代非常勤の外国人講師とはいったい誰なのか?またこの件に対するネットの反応などについても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


関西学院大学の40代外国人講師が放射能発言で懲戒処分!

兵庫県一宮市上ヶ原に本部を置く私立関西学院大学、通称「関学」。

kanngaku1

↑関学「上ヶ原キャンパス」の画像

関西の有名私立大学として知られる「関関同立」の一角であり、これまでお笑い芸人「ひげ男爵」のひぐち君などの著名人を多く輩出していますが、

そんな関学で40代非常勤の外国人講師が福島県出身の女子学生に対し差別的な発言をしたとして3ヶ月減給の懲戒処分を受けていることがわかりました。

女子学生は、2014年4月に福島県の高校から関西学院大学に入学しており、2014年の後期(9月~)からその外国人講師の英語の授業に参加。

すると女子生徒が授業を受けていたある日、40代外国人講師は講義中に電気を消して、

「(福島県出身なのに)光らないな。」

「放射能を浴びているから電気を消すと光ると思った。」

などと日本語と英語で発言したというのです。

この外国人講師の授業には約30人が受講していたということで、女子学生は大きな精神的ショックを受けたといいます。

女子学生は当初我慢していたものの、2016年4月に関西学院大学のハラスメント相談センターに申告。

その後精神的ショックにより体調を崩し、授業を休むようになりました。

現在、女子学生は休学も検討しているということです。

これに対し関西学院大学側は、

「差別的な発言だった。」

「このような事案が起きたことについて、深くおわび申し上げます。」

と認め、2017年2月17日付で外国人講師を減給3か月の懲戒処分としたうえで2017年4月以降の契約は見送るとしています。

40代外国人講師の発言にはもちろんですが、大学側の対応にも疑問が残りますよね…

女子学生は2016年4月に相談しているのに対し非常に対応が遅いですし、4月以降からの契約は見送るにしても、

休学まで検討している女子学生に対して、その原因となる発言をした外国人講師が減給3ヶ月という処分では不当ではないでしょうか。

「メディアに嗅ぎ付けられたしとりあえず形だけ処分しとくか…」

という感じが否めないですよね。

今後、関西学院大学には処分のあり方を再検討していただきたい。

関学の40代外国人非常勤講師って誰?

さて今回、あろうことか自らの授業を受講していた福島県出身の女子学生に対して差別的な発言をし、精神的ショックを負わせ、

その結果休学を検討するまで追い詰めた関学の40代外国人講師とはいったい誰なのでしょうか?

現時点では外国人講師の名前や画像、国籍などは公表されておらず、わかっていることとしては以下の通りになります。

  • 年齢は40代
  • 非常勤講師
  • 英語の授業を担当

この情報をもとに関西学院大学のホームページなどで探してみたものの、やはり非常勤講師に関してはあまり情報が掲載されておらず誰なのかは特定できませんでした。

今後、関西学院大学の学生などからSNSを通じて情報が流出する可能性もありますので、そのときは追記させていただきたいと思います。

スポンサードリンク


この件に対するネットの反応は?

今回、関学で40代外国人講師による問題発言があったことに対するネット上での反応はというと…

「どこの国の講師だよ!許せないな。」

「この外国人講師の国籍や名前、顔を公開して解雇するべき。」

「外国人講師もちょっとしたジョークで言ったつもりなのかもしれないけどこれは完全にアウト!」

「この外国人講師は生徒よりもレベルが低い。」

「なぜ関学はこの講師を雇い続けるのだろう?」

「関学ももうダメやな…」

「関学の講師は問題を起こしている人が多いイメージ。」

というような批判的なコメントが多く寄せられています。

またこの件に対し、以下のような動画を投稿している方も。

1人の女子学生の人生を大きく狂わしかねない原因をつくったわけですから批判されるのは当然ですよね…

この関学の40代外国人講師にはぜひとも反省していただきたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「【関学】40代外国人の非常勤講師は誰?放射能発言でネット炎上!」への4件のフィードバック

  1. 超ヤバイ講師だね、反日見え見えなんじゃないかな。女子学生可哀想、と言うより、他の学生は何で黙っていたのか、理解できない。勇気をもてよ。

  2. 原発事故だけじゃなくて、震源地の近くではあの日多くの人が様々な物を失ったのに、差別というよりまだ消えない傷口に塩を塗って笑った事が許せない。
    関学という事で東日本出身者が少ないのかも知れないが、同室にいた学生も一緒に笑ったのだろうか。
    教室で地震が起こったとき、この講師が「皆で建物の下敷きになろう」などと言ったら、神戸や熊本出身者は一緒に笑えるのだろうか。
    で、減給3ヶ月? 強制送還しても足りないくらいだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です