【画像】ニュートンプレスの高森圭介元社長ら逮捕!7億円を集めた手口とは?


2017年2月17日、科学雑誌『Newton(ニュートン)』を発行している東京都渋谷区の出版会社「ニュートンプレス」の元社長である高森圭介(たかもりけいすけ)容疑者(77)と子会社の管理部長、関博和容疑者(69)の二人が出資法違反の容疑で逮捕されました。今回はそんなニュートンプレス元社長の高森圭介容疑者の画像や、7億円を集めた手口などについても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


ニュートンプレスの元社長ら逮捕!高森圭介容疑者の画像は?

宇宙から人体まで幅広い研究の最前線をわかりやすく解説する一般向けの月刊科学誌『Newton(ニュートン)』。

newton_cover_1401

↑科学誌『Newton』の画像

電車内の広告などでも度々目にしますよね。

そんな科学誌『Newton』を発行している東京都渋谷区の出版会社「ニュートンプレス」の元社長で東京都杉並区永福に住む高森圭介容疑者(77)と、

子会社のコンピューターソフト開発会社「ニュートン」の管理部長でさいたま市南区白幡に住む関博和容疑者(69)の二人が、

出資法違反の容疑で逮捕されていたことがわかりました。

tab1

↑ニュートンプレス元社長の高森圭介容疑者の画像

高森圭介容疑者は2016年の末に退任し現在は子会社の役員を務めていますが、今回逮捕されたのは社長退任前に働いていた悪事によるもの。

逮捕容疑は2015年2月~2016年3月にかけて学習教材の開発と称し、元本と年5パーセントの利息を保証して、埼玉県と島根県に住む科学誌『ニュートン』の定期購読者3人から4回に分けて1200万円を送金させたということですが、

そのほかにも43都道府県の定期購読者や株主の計303人から会社ぐるみで約7億円を集め、会社の運用資金などに充てられていたと見られています。

警察の取り調べに対し高森圭介容疑者は、

「金を借りていただけ。」

関博和容疑者は、

「不特定多数から集めたわけではない。」

と容疑を否認していますが、300人以上から集めているのに不特定多数ではないというのは苦しい言い訳ですよね。

またこの件に関しニュートンプレスの担当者は、

「詳細が分からないので、コメントは差し控える。」

としています。

今回逮捕されたのは二人ですが、会社ぐるみで行われていたということで今後さらにニュートンプレスの社員が逮捕される可能性もあります。

今後の警察の捜査の進展を期待しましょう。

スポンサードリンク


高森圭介元社長らが7億円も集めた手口とは?

さて今回、約300人もの出資者から7億円ものお金を集めた高森圭介容疑者らの驚くべき手口とはいったいどんなものだったのでしょうか。

高森容疑者らは科学誌『ニュートン』の定期購読者やその発行元である出版会社「ニュートンプレス」の株主らに、

「タブレット端末で使用する小中学生向けの教材を開発するため」

という名目で出資を呼びかけ、

元金年5パーセントの利息保証したうえでお金を預かったうえでそのほとんどを会社の運転資金に充てていたということ。

確かにいつも自分が読んでいる雑誌の出版会社で社会的にも有名な会社の社長などから、非常に好条件な出資話を持ちかけられたら多くの人は信用してお金を出してしまいますよね。

つまりニュートンプレスという有名な会社の信用を利用し、お金を集めていたという非常に悪質な手口です。

これは詐欺などによりお金をだまし取っているわけでもないですし、一見なにが法律違反なのかわからない!という方もいるかもしれませんが、

銀行などの特別な許可を得た機関でない限り、元金を保証したり利益を約束したうえで不特定多数の人からお金を集めたり預金させたりすることは出資法で禁じられています。

つまり今回の場合は、元金を保証したうえで年5パーセントという利益を約束し不特定多数の人からお金を集めていたということが今回の重要なポイントだということです。

しかしそういった法律違反を犯してまでも会社の運転資金を集めないといけなかったというニュートンプレスの経営状況の危うさというものがうかがえますよね…

今後他の出版社によるニュートンプレスの買収などの可能性も考えられますし、そういった意味でもニュートンプレスからは目が離せません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「【画像】ニュートンプレスの高森圭介元社長ら逮捕!7億円を集めた手口とは?」への1件のフィードバック

  1. 高森容疑者や関容疑者と長年付き合いのあった者です。ただし、ここ15年くらいはまったく会ってもいないし連絡したこともありませんが。
    今回と同じような手口は25年くらい前から別の名目で何回も行っています。
    おそらく今回のニュースをみて被害者だったと思う人は数百人あるいは千人くらいはいるのではないでしょうか。今までどのように対処してきたかはわかりませんが、うやむやにしてきたのでしょう。
    逮捕を当然と思う人もたくさんいると思うのですが、逮捕されたら戻ってこないと思う人も多いと思う人も多いと思います。高森は宗教の教祖のように話はうまく、1回人を集めて話をすれば飛びつく人も多かったです。1回で300万くらいの売り上げはあった思います。商品を売るのではなく夢を売っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です