鹿島信販で発砲!従業員・冨田義広の動機や画像は?何がしたかったの?


2017年2月15日午前7時40分ごろ、茨城県神栖市砂山(いばらきけんかみすしすなやま)の廃棄物収集を行っていた会社「鹿島信販」で起きた発砲事件。従業員の男が同僚2人を撃ったあと車で逃走し、現場近くの「神栖市海浜運動公園」の駐車場で自ら命を絶ったということですが、今回は発砲した鹿島信販の従業員・冨田善広(とみたよしひろ)の画像動機などについても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


工業団地の一角で発砲事件!現場となった鹿島信販とは?

2017年2月15日、茨城県神栖市砂山の「鹿島信販株式会社」で起きた発砲事件。

PN2017021501001060.-.-.CI0003

↑鹿島信販株式会社の画像

鹿島信販は一般廃棄物収集運搬や排水施設の清掃・点検などを主に行っていた従業員50人ほどの小さな会社ですが、

そんな鹿島信販から午前7時40分ごろ、

「従業員が従業員を銃で撃った。」

と110番通報がありました。

「鹿島信販」の従業員、富田善広容疑者(65)は同僚二人を撃ったあと車で逃走。

その約2時間後に現場から4km離れた「神栖市海浜運動公園」の駐車場で逃走車が見つかり、車の中で冨田善広容疑者が亡くなっているのが発見されました。

車内には拳銃があることから、富田善広容疑者は逃走後に自ら命を絶ったとみられています。

また撃たれた同僚の男性2人のうちの一人、田村寿一さん(49)は搬送先の病院で死亡、もう一人の28歳男性は重傷を負っています。

鹿島信販の社長は亡くなった田村寿一さん(49)に対し、

「よくやってくれる責任者でした。」

と話しています。

鹿島信販があったのはJR鹿島神宮駅から南東の約15キロの工業団地の一角。

そんな小さな街の一角で発砲事件なんて恐いですよね…

警察は冨田善広容疑者の拳銃の入手経路などについても調べているとのことなので、今後の捜査の進展に注目しましょう。

スポンサードリンク


冨田善広容疑者の画像や動機は?いったい何がしたかったの?

さて今回、同僚二人を撃って逃走した挙句、自ら命を絶った冨田善広容疑者(65)はいったい何がしたかったのでしょうか?

画像などは現在公表されておらず、今後明らかになり次第掲載させていただきたいと思います。

また冨田善広容疑者の動機や目的なども現在警察が捜査中ですが、おそらく今回発砲した従業員二人と何らかのトラブルを抱えていたものとみられています。

同じ職場だったということで、

  • 普段からいじめなどを受けていたのか?
  • 金銭の貸し借りがあったのか?

などが考えられますが、

何か自分の命を賭してでも二人を傷付ける理由があったのでしょう。

また拳銃を用いていることから、暴力団など別の第三者が関わっている可能性もあります。

今後の警察の捜査でそういった詳細が明らかになることを期待したいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です