国際窃盗団「ピンクパンダ」って何者?東京ビックサイトで逮捕!


2017年1月24日、国際窃盗団として世界中で盗みを働いてる「ピンクパンダ」のメンバーと見られる中国人3人が東京ビックサイトで宝石を盗み逮捕されたことがわかりました。ネット上でも「ピンクパンダ」って何者?と話題になっていますが、今回はそんな国際窃盗団「ピンクパンダ」の正体などについても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


国際窃盗団「ピンクパンダ」のメンバー逮捕!

2017年1月24日、東京都江東区有明三丁目にある東京ビックサイト(東京国際展示場)で開かれていた「第28回国際宝飾展IJT2017」の会場で、

国際窃盗団「ピンクパンダ」のメンバーと見られる陽満湾容疑者(47)李芳容疑者(30)陽快開容疑者(37)の中国人男女3人が逮捕されました。

24120_0000478970_1

↑東京ビックサイトの画像

この国際窃盗団「ピンクパンダ」の中国人3人は、昨年の1月20日に東京ビックサイトで開かれていた同じ国際宝飾展でダイヤの指輪1個(280万円相当)を盗んでいて、警察は3人の逮捕状をとっていました。

そして捜査員が警戒しているなか、去年と同様に同じ中国人3人が会場に現れたため身柄を確保。

一年越しの逮捕につながったわけです。

警察の取調べに対し3人は、

「悪いことはしていない。」

などと容疑を否認しています。

しかし去年の防犯カメラによると、3人は客を装って明らかに出展ブースを物色しており関与が裏付けられています。

早く容疑を認め、「ピンクパンダ」についての情報を聞き出したいところですね。

それにしても去年も成功したからといって今年ものこのこと現れるというのはなんと愚かなんでしょうか…

昨年窃盗があったということで警戒体制にあることは少し考えれば分かることなのに。

スポンサードリンク


国際窃盗団「ピンクパンダ」とは?

さて国際窃盗団「ピンクパンダ」とはいったいどんな窃盗グループなのでしょう。

彼らは国際窃盗団というだけあって、ヨーロッパを拠点に世界各地の宝石展などに出没しては宝石を盗んでおり、フランスの捜査当局が「ピンクパンダ」と呼んでいるそうです。

あまり情報も多くはなく、「ピンクパンダ」についてはまだまだ正体がわかっていないというのが現状ですが、

この国際窃盗団「ピンクパンダ」はどうやら、有名な国際窃盗団「ピンクパンサー」から名づけられたもので、いわゆるパチもん(真似たもの)です。

国際窃盗団「ピンクパンサー」といえば、wikipediaも存在するほどの有名な犯罪組織で、こちらも欧州を拠点に世界各国の宝石などを盗み倒しています。

ピンクパンサーは巧妙な手口で宝石店などに忍び窃盗を行うものの、これまで一度も殺人を犯しておらず、また警察に捕まった仲間を助けることなどでも知られ、一部ファンもいるほどの組織。

おそらく「ピンクパンダ」も、「ピンクパンサー」にあこがれて作られた組織ではないかと推測されます。

今回の逮捕の様子から見てもそれほど賢い組織には思えないですし、すぐに警察の手によって壊滅させられてしまうのではないでしょうか。

今回逮捕された中国人3人が、「ピンクパンダ」についての情報を吐いてくれることを期待したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です