ちかえもんが優香と青木崇高を結びつけた!?2人の出会いを紐解く!


タレントで女優の優香(35)が俳優の青木崇高(36)と結婚することを発表し世間をにぎわせていますが、そんな2人が出会ったきっかけこのちかえもんでした!

スポンサードリンク


ちかえもんとは?

chikaemon

『ちかえもん』とは、2016年1月14日から3月3日までNHK総合テレビジョンで『木曜時代劇』として放送されたNHK大阪放送局製作のテレビ時代劇です。

どうやらこの時代劇に共演したことから2人の中は親密になったそうです。

内容は人形浄瑠璃の名作「曽根崎心中」を書きあげた江戸時代の文学者・近松門左衛門の生涯を描いた作品で、

史実・事実に基づいたフィクションとして脚本家の藤本有紀さんによって描かれたものです。

名作誕生に至るまでの様々な苦悩とそれを取り巻く人間模様にコメディーの要素を交えたヒューマンドラマだそうです。

2016年の3月までやっていたとのことなので、最近まで放送されていたんですね!

スポンサードリンク


あらすじ

簡単にあらすじを紹介しておくと…

「元禄16年(1703年)、浄瑠璃作者・近松門左衛門は以前ほど作品が受けなくなり創作意欲をなくしていた。

あげくのはてのは堂島新地にある遊郭「天満屋」に入り浸たる毎日。

そんなときに渡世人・万吉と出会い、万吉は門左衛門を勝手に相棒とする。

万吉や周囲の人々に振り回されてゆくうち、門左衛門は徐々に創作意欲を取り戻してゆくのだった。」

確かに万吉や周りの人々とのヒューマンドラマが面白そうですね!

スポンサードリンク


優香と青木崇高のそれぞれの役は?

こうなると2人の役柄が気になりますよね!

優香の役は門左衛門が入り浸っていた遊郭「天満屋」の年増の遊女であるお袖役。

年増の遊女というところが優香さんにぴったりで少し笑っちゃいました(笑)

そして青木崇高さんが演じたのは物語の第二の主人公である渡世人・万吉。

主人公の近松門左衛門を振り回す中心人物です!

ちなみに主人公の近松門左衛門を演じたのは松尾スズキさんという俳優さんです。

p_matsuo

独特の雰囲気をもつ俳優さんですね…

正直、もはや2人のことより松尾スズキさんのことが気になってきました(笑)

なにはともあれ、お二人には末永く幸せでいてほしいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です