大阪市中央区本町橋で陥没!原因や現場の画像は?渋滞がやばい!


2017年1月20日午後九時半ごろ、大阪府大阪市中央区本町橋の工事現場で地面が陥没し、作業員の男性1人が転落する事故がありました。事故当時、辺りは通行止めとなり渋滞もできて大騒ぎとなりました。今回はそんな本町橋の陥没について原因現場の画像渋滞の様子などについても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


大阪市中央区本町橋で陥没事故!?

2017年1月20日の夜、大阪市中央区本町橋で起きた陥没事故。

mig

↑事故直後の現場の画像

大阪府警によると、午後7時15分ごろ下水道の工事をしていた現場付近で作業員が小さな穴を発見。

作業員が確認しようと現場を覗き込んでいたところ、突然周囲が陥没。

縦×横×深さいずれも7メートルほどの大きな空洞があいており、50代の男性作業員1人が約5メートル下に転落したというのです。

その後午後9時半頃に、別の工事関係者から、

「道路が陥没して作業員が落ちた」

と119番通報があり、通報から約一時間後の午後10時半ごろに転落した50代の男性作業員が救出されました。

QMemo+_2017-01-21-01-42-50

↑転落した男性作業員を救出する様子

救出された男性作業員は左足を骨折したものの命に別状はないということです。

作業員の男性が無事に救出されたことがなによりですね。

寒いなかかなりの深さの穴に転落し、足も骨折してしまったということなのでぜひ安静にしていただきたい。

スポンサードリンク


陥没の原因は?

さて気になる陥没の原因はなんだったのでしょうか?

詳しくは大阪府警東署が調査を進めているということですが、

事故現場では当時、大阪市が発注した下水道管設置工事が行われていたということで、

地表から約40メートルまで穴を掘った後、深さ約25メートル地点の地中で横穴を掘るための作業がされていたそうです。

何か作業に手違いがあったのか?

現場付近の土壌が緩かったのか?

など様々な原因が考えられますが、少なくとも市の発注した下水道管設置工事が関わっていることは間違いなさそうです。

スポンサードリンク


事故直後の現場周辺で渋滞!

事故直後、陥没の埋め戻し作業のため現場周辺の道路は通行止めになり、渋滞ができて大騒ぎとなりました。

C2nne5oUsAELtB9

C2nWM6RUQAAOu85

通行止めになった大阪市中央区本町橋2丁目の西側南北道路に面するシティプラザ大阪ホテルには人だかりができていました。

事故当時はTwitterなどでも、

「大阪でも陥没?」

「え、7メートルってやばくない!」

「消防車と救急車いっぱい来てる。」

「シティプラザ大阪ホテル&スパ(中央区本町橋2丁目)西側南北道路において、道路陥没(7メートル程度)が発生し、同道路が通行止めになっているとのことです。付近を通行される際は、ご注意ください。」

などと大きな話題になりました。

昨年に起きた博多駅前の大陥没が記憶に新しいということで、注目を集めたようです。

今後このような事故が起きないよう、徹底的に事故原因を調査してぜひ対策などを練っていただきたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です