キンコン西野が絵本無料公開!狙いはやっぱり金儲け?いくら儲けた?


2017年1月19日、お笑いコンビ「キングコング」の西野さんが、自身で発売した2000円の絵本『えんとつ町のプペル』をブログで無料公開にしたことにより話題になっています。今回はそんなキンコン西野の絵本無料公開に関して、さらなる金儲けにつながっている実情などについても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


キンコン西野が絵本無料公開!

2017年1月19日に自身が発売した絵本『えんとつ町のプペル』無料公開したことによって話題になっているキンコン西野。

sponichin_20170119_0109_0

20161120094840

この西野さんが発売した『えんとつの町プペル』は、2016年10月21日に発売開始されて以来23万部を突破しており、

ネット上ではマグレ当たりなどとも称されてた作品ですが、

あくまでも個人的に読んだ感想としては、

絵もとても綺麗で、ストーリーも面白いため、最後まで夢中で読んでしまい、売れるのも納得の作品だと感じました。

ちなみにこの絵本『えんとつ町のプペル』は西野さんが1人で描いた作品だと思っている方も多いとは思いますが、各々の得意分野をもったイラストレーター33人を集めて分業制で描いてある作品なのでご注意ください。

また資金もクラウドファンディングで4000万円以上のお金を集め製作したものだと言われています。

そんな『えんとつの町プペル』は特殊なインクを用いてることや、ページ数が多いということで2000円という少々お高い価格設定になっています。

このため西野さんのもとに小学生から、

「2000円は高い。自分では買えない。」

という声が届いたらしく、その結果西野さんは、

「自分は『えんとつ町のプペル』を子供に届けたいのに、たったお金という理由で受け取りたくても受け取れない子がいる。」

「なんで、人間が幸せになるために発明したお金に支配され格差が生まれてんの?」

「お金がない人には見せませーんってナンダ?糞ダセー。」

「お金の奴隷解放宣言です。」

などとブログでコメントし、『えんとつ町のプペル』を無料公開することを発表しました。

スポンサードリンク


絵本の無料公開がもたらした結果は金儲け!?

キンコン西野が自身の絵本を無料公開したという情報はネットニュースなどにより、直ちに広まっていき多くの反響をよんでいます。

その結果、これまで全く西野さんの作品に興味を持っていなかった多くの人が西野さんのブログを訪れ、無料公開された絵本『えんとつ町プペル』が読まれているというのが現状です。

まず西野さんのオフィシャルLINEブログを見ると分かるように広告が張ってあるため、アクセス数が増加するとそれに応じてブログの広告収入が入ります。

さらには絵本を無料公開しているのは、Spotlightというまた別のブログです。

ここでも莫大な広告収入が生まれます。

いわゆる炎上商法というやつですね。

また無料公開された『えんとつ町プペル』を読んで、現物が欲しいという人も多く存在し、

その結果アマゾンの売り上げが急激に伸び売り上げランキングが一位となったことは、しばらくしてから自身のブログでも報告しています。

これらのことから、

「無料公開したら本が売れなくなって印税が入ってこなくなり、自分や絵本の関係者が生活に困るのではなか…」

などという西野さんのブログ上でのコメントは全くの杞憂に終わり、むしろ金儲けしているというのが実情です。

どれぐらい儲けているのかというのは、印税がどれくらい西野さんに配分されるのかなどがわからないため予想するのが難しいところですが、

ブログと印税を合わせて何千万円単位、あるいはそれ以上の収入を生む可能性が今後あります。

これを西野さんは狙って今回の絵本無料公開をやったのか?

あるいは、

本当に子供たちに絵本を届けたい思いで行動を起こしその結果偶然もたらされた結果なのか?

はわかりません。

また個人的にはお金儲けをすることは悪いことだとは思わないのですし、西野さんが狙ってやったのなら頭がキレるなあという印象さえ受けます。

しかし一部ネット上で述べられているように、すでに絵本を買った人の気持ちを害したり、他の絵本のクリエイターやイラストレーターに悪影響を及ぼしたのならそこは反省してなんらかの対処をすべきかもしれません。

この西野さんの行動は連日ワイドショーなどでも取り上げられますし、西野さんにとってさらに莫大なお金を生むことになるでしょう。

羨ましいと言うほかありませんね!(笑)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です