佐世保市矢峰町の国道で塩酸2000リットル流出!人体への影響は?


2017年1月17日、長崎県佐世保市矢峰町(させぼしやみねちょう)の国道498号で大型トラックがスリップし、荷台に積んでいた塩酸入りタンク3個が落下。その結果約2000リットルの塩酸が漏れ出し、近くの相浦川(あいのうらがわ)に流れ込むという衝撃の事故が起きました。今回はそんな佐世保市矢峰町の塩酸流出事故について、人体への影響はないのか?についても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


佐世保市矢峰町の国道で塩酸約2000L流出!

2017年17午前6時15分ごろ、長崎県佐世保市矢峰町の国道498号で起きた大型トラックのスリップ事故。

荷台に積んでいた塩酸入りのタンク3個が落下し、対向してきた軽乗用車が衝突。

破損したタンクから約2000リットルの塩酸が流出し、道路や近くを流れる相浦川に流れ込むという大惨事がありました。

2000リットルってすごいですよね…

06

↑このタンク一個分が2000リットルです。

佐世保市の職員によると、相浦川では死んだ魚などが浮いているのを発見したそうですが今のところ人への影響などは確認されていないということ。

防災無線で、近隣住民に窓を開けたり川に近づいたりしないよう呼びかけ、

消防車で道路に大量の水をまいて塩酸の濃度を薄める作業などが行われたそうです。

スポンサードリンク


人体への影響は?

さて今回の2000Lの塩酸の流出により、町民などの人体への影響は本当にないのでしょうか?

塩酸が流れ込んだ相浦川で魚が死んでいたという報告などもあることから、本当に大丈夫なのか心配になりますよね…

高濃度の塩酸というのは直接肌に触れると、肌がただれ火傷のような症状を起こします。

また気化したものが目などに入ると目がショボショボしたりする可能性がありますが、

市が迅速に消防車で大量の水をまき、塩酸の濃度を薄めるなどの対応をしたということなのであまり心配はいらないでしょう。

また相浦川に流れた塩酸も川の水により薄められ、時間が経てば流されていくので問題はありません。

最初に塩酸が流れ込んだときは、塩酸が高濃度であったために魚などの生き物に影響が出てしまったのでしょう。

事故当時に相浦川で泳いでいた人などがいればその人への影響が懸念されますが、幸い現在は冬ですし、こんなに寒いなか泳いでいた人はいなかったはずです。

ちなみに相浦川といえば河童伝説で有名な川です。

tobiishi

↑相浦川の画像

『むかしむかし、相浦川(あいのうらがわ)に大変悪いカッパがいて、村人から「相浦川の悪ガッパ」といわれてひどく恐れられていたそうです。

ある日のこと、吉田文左衛門という武士が相浦川を渡るために置かれていた飛び石を渡っていました。

そのとき川の流れの底に小石にまじってキラッと光るものを見つけます。

よく見ると金の盃(さかずき)でした。

「これはいいものがあった、よいみやげになるぞ」

と喜んで拾おうとしましたが、

「待てよ…」

とひらめくものがあり伸ばしかけた手を止めました。

「こんな川の中に金の盃が落ちているなんておかしい。これこそうわさの悪ガッパが化けたものにちがいない」

と考えた文左衛門はさっと腰の刀を抜き金の盃めがけて切りつけました。

「ギャッ」

と気味悪い声がしたかと思うと大きなカッパが姿を見せました。

その河童は片腕が切り落とされ血を流しながら川の中に逃げ込んだそうです。

文左衛門は切り落とした片腕を持ち帰りました。

その夜、強い風の音にまじって「腕返せー」、「腕返せー」と聞こえます。

それが毎日毎晩続くので文左衛門も可哀そうになり、腕を返してやろうとカッパを家の中に入れてやりました。

カッパは、

「どうか腕を返して下さい」

と泣いて頼みます。

そこで文左衛門が、

「これからは人々に決して悪事をしないと約束するか」

と言うと、

「絶対に悪いことはしません」

とカッパは約束しました。

「イヤ、口約束ではダメだ。証文を書け」

と言って川そばの大岩に証文を彫り込ませました。

その後、カッパはこの証文があっては悪い事ができないので消してしまおうと岩を削りました。

ところがカッパは横に削ることを知らないで縦にばかり削るものだから、岩の文字はますます深く彫りこまれていきました。

さしもの悪ガッパもとうとうあきらめて悪い事をしなくなりました。

それからというもの、この相浦川では、子供がおぼれて死んだり、村人がだまされてひどい目にあうというようなこともなくなり、人々はこれも文左衛門のおかげであると大変感謝し、その恩を子々孫々にまで語り伝えたということです。』

人体への影響は心配なさそうですが、河童への影響が心配ですね(笑)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です