ANRIの二作目は『By KING』!その内容がやばい!!ネットの反応は?


2017年1月13日、ついにANRIこと坂口杏里の二作目についての情報が発表されました!そのタイトルは『By KING』。完全に元カレのコンビ名「バイキング」を意識したものとなっており、ネット上では物議をかもしています。今回はそんなANRI の二作目「By KING」の内容ネット上での反応について調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


ANRIの二作目『By KING』の内容とは?

2017年1月13日、ついに情報が解禁されたセクシー女優ANRIの二作目。

20161011-OHT1I50145-T

ANRIはTwtterで、

「皆さん実はずっと二作目のこと隠しててごめんなさい。」

とコメントし、またmoodys(ムーディーズ)というメーカーから発売されることも明らかにしました。

そして気になるANRIの二作目のタイトルは、なんと『By KING(バイキング)』

一作目の『What a day』よりもさらに直接的に、元カレの小峠さんに掛けてきたと話題になっています。

完全にコンビ名を悪用していますよね。

その内容はというと…

生まれたままの姿でのインタビューや複数人でのお遊び、また一人でのお遊びなど7コーナーが用意されているということ。

※当ブログではコンプライアンスの問題から直接的な表現が出来ないため上記の言葉で察してください(笑)

一作目の『What a day』は非常にシンプルな内容だっただけに、今回は内容が盛りだくさんな作品に仕上がっているようですね。

時間も180分という衝撃の長さということです。

誰が3時間も見たいねん!(笑)

と突っ込みたくなるところですが、やはり需要があるのでしょうか。

発売日は2017年2月14日のバレンタインデーということで、特典(数量限定)としてANRIからの「バレンタインカード」が付いてくるそうです。

興味がある方はぜひ予約してみてください。

スポンサードリンク


ANRIの二作目『By KING』に対するネットの反応は?

さて情報が解禁されたANRIの二作目に対してのネットの反応はというと…

「 もうネタやん。 」

「 元カレを利用した便乗商売なんて、この人は人として最低だね。」

「小峠、そろそろ怒っていいと思うぞ!」

「 こんなタイトルで買うやついるのか? 」

「亡くなったお母さんが可哀想。」

「 少しでも売り上げアップの為には何でもありだな…」

「三時間も見せられるとか拷問」

「あてつけでしかないw」

「まぁ芸人としてはおいしいか。」

などといった意見が寄せられています。

やはり当然ですが批判的な意見が多いですね。

おそらく小峠さんと相方の西村さんに許可をとらずにこの「By KING」というタイトルを付けているわけですから、やはり悪質と言わざるを得ません。

小峠さんは優しい方ですし、全て笑いに変えられるとは思いますが、芸人としておいしいとか以前の問題です。

小峠さんと西村さんがよければ周りがどうこう言う権利はないのですが、今後も同じようなことが続けば小峠さんや事務所側が何らかの対応をとる可能性もあります。

しかし二作目の時点でわりとネタ切れ感はありますし、三作目も同じようなタイトルを付けるのかは微妙ですね。

でもここまで来れば普通のタイトルを付けるわけにもいかないし、今後どうするのでしょうか?(笑)

さらに次の作品の発売に注目するとしましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です