コインロッカーに妻の骨つぼを放置!74歳の男の名前や画像、ネットの声は?


2017年1月13日、妻の骨つぼを東京駅のコインロッカーに放置したとして74歳の男が死体遺棄の容疑で逮捕されていたことがわかりました。衝撃のニュースにネット上では物議をかもしています。今回はそんなコインロッカー骨つぼ放置男の名前画像ネット上に寄せられた声などについても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


コインロッカーに妻の骨つぼ放置?

2017年1月13日、JR東京駅のコインロッカーに妻の骨つぼを放置していたということで、千葉県市川市東菅野に住むアルバイトの男(74)が死体遺棄の容疑で逮捕されていたことがわかりました。

コインロッカーの大きさ-東京駅

↑JR東京駅のコインロッカーの画像

警視庁丸の内署によると、男は取調べに対し容疑を認めており、

新しい交際相手と住む家に持っていけず処分に困って放置したと供述しているそうです。

理由が残念過ぎますよね…

亡くなった奥さんのことを思い出したり、不憫に思うことはなかったのでしょうか。

奥さんは2014年8月に病院で亡くなり、火葬されています。

74歳の男は自宅に妻の遺骨を保管していたそうですが、その後別の50代の女性と交際を開始。

2人で別の家に転居する際の2016年9月30日正午ごろにJR東京駅改札内のコインロッカーに骨つぼを遺棄しています。

そもそもアルバイトをしている70歳を越えたおじいちゃんに交際相手が出来たことにも衝撃です。

アルバイトをしていたということからお金持ちだったわけでもないですし、お金があれば奥さんのお墓も作れたはずですよね。

スポンサードリンク


妻の骨つぼを放置した74歳の男の名前や画像は?

さて妻の骨つぼをJR東京駅のコインロッカーに放置した74歳の男の名前は鈴木照治。

画像は公開されておらず、74歳のおじちゃんということでSNSなどもやっていないでしょうし、探し出すのも難しいというのが現状でしょう。

今後捜査が進めば警察により公開される可能性もありますので、期待して待つことにしましょう。

74歳で新しい女性が出来るくらいですから、もしかしたらかなりのイケメンかもしれません…

スポンサードリンク


ネット上に寄せられた声

さてこの東京駅のロッカーに妻の骨つぼを放置した鈴木昭治容疑者に対してネット上ではどのような声が寄せられているのかというと…

「奥さんが報われない」

「放置した理由が腹立たしい。」

「罰当たりな老人」

「だから最近の年寄りは!って言われる」

「お墓がないならちゃんと散骨してやればいいのに。」

「新しい交際相手は知ってたのかな?」

「最後までちゃんと供養してあげてよ」

というような批判の声や亡くなった奥さんを不憫に思う声が多いですね。

お墓が高いのはわかりますが、それならそれで何か別の方法があったはずですし、安直にコインロッカーに妻の骨つぼを捨てた老人の行動には残念としか言いようがありません。

逮捕されたことで自分の行いの愚かさを痛感し、ぜひ反省していただきたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です