無断欠勤の元大阪市職員に退職金1000万?名前や画像は?ネット炎上!


2017年1月12日、大阪市が無断欠勤していた元職員の男性(56)退職金1000万円を支払っていたことがわかり批判が殺到。ネットが炎上しています。今回はそんな元大阪市職員の男性が退職金を受け取った経緯や、その男性の名前や画像、そしてネット上に寄せられた声について調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


無断欠勤の元大阪市職員に退職金一千万円?

2017年1月12日、朝日新聞の取材で発覚した無断欠勤していた元大阪市職員へ退職金1000万円が支払われていた問題。

経緯は少々複雑ですが、簡単にまとめると…

2015年1月から行方をくらましている元大阪市職員の男性がおり、

通常であれば正当な理由なく21日以上無断欠勤した職員は懲戒免職にして退職金も支払わない手はずになっているが、

連絡も取れず正当な理由なのかそうでないのかわからないということで大阪市は判断を先延ばしにし、

2015年3月に元男性の職員を分限免職処分にして退職金の支払いを留保していました。

しかし2016年6月、公務員の兼業禁止規定があるにもかかわらず元職員はクラブホステスを経営していたということで、行方をくらました経営者の代わりに大阪市がテナント料やホステスの賃金を払うようホステスらに訴訟を起こされます。

すると大阪市は素直に支払いに応じ、元職員の退職金1000万円のうち150万円をホステスらに支払い、残りの850万円を法務局に預けたというのです。

ちなみに法務局というのは国の争訟の事務処理を行う地方実施機関で、元職員は申し出ればこの850万円を受け取ることができます。

退職手当条例では、市側に正当な理由があれば返納させることがあるということですが、いくら返納させることができるといっても大阪市の対応には違和感を抱かざるを得ないですよね。

なぜ大阪市民が支払った税金を、無断欠勤していた元職員のわけの分からない行動で発生した支出に充てられなければならないのか?

なぜ失踪した元職員を直ちに懲戒免職処分にしなかったのか?

面倒くさいから判断を先延ばしにしただけではないのか?

といった疑問が次々とでてきます。

なお当然その元大阪市職員の名前や画像などは公表されておらず、現在も失踪中ということです。

いっそのこと大阪市が元職員の男性の名前や画像が明らかすれば、目撃情報などによりその男性が今どこで何をしているのか見つけ出すことは容易になるかもしれませんが、現時点では難しいというのが現状でしょう。

スポンサードリンク


大阪市の対応に批判殺到でネット炎上!

さて今回の大阪市が無断欠勤の元職員に退職金1000万円を支払った問題に対し、ネット上ではどのような声が寄せられているのかというと…

「民間の会社ならこんなことはありえない!」

「だから公務員は人気。」

「なぜ大阪市民がその無断欠勤している職員のツケを払わなければならないんだ!」

「無能すぎwホステスのいいカモww」

「ホステスたちの裏側に元職員がいるんじゃないの?」

「さすが人情の町大阪。」

「税金返せ!」

「実名をさらせ!!」

というような様々な批判が寄せられ、ネット炎上となっています。

市民のお金を預かっているにもかかわらず、市民の全く理解できないような税金の使い方をしているわけですから批判されて当然ですよね。

今回の件で大阪市やその他の地域で働いている公務員が全般的に悪い印象を持たれてしまうのは不本意ですが、今回の件に関わった一部の職員にはぜひとも反省して今後の対応を考え直していただきたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です