JR湘南新宿ラインの線路に石!逮捕された高校生の名前や学校、余罪は?


2016年12月28日、埼玉県深谷市岡のJR湘南新宿ライン踏切の線路に石を置いた容疑で埼玉県立高校に通う高校1年生の男子生徒が逮捕されました。高校生によるいたずらでは済まされない異常な犯行というでネット上でもかなり話題になっています。今回はそんなJR湘南新宿ライン石置き高校生について名前学校余罪について調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


埼玉県深谷市の踏切線路に石を置いた高校生逮捕!

埼玉県深谷市岡にあるJR湘南新宿ラインの踏切線路に障害物を置き電車の運行を妨害したということで、埼玉県の県立高校に通う高校1年生が12月28日に電汽車往来危険の疑いにより逮捕された今回の事件。

qmemo_2016-12-28-23-25-55-1

↑JR湘南新宿ラインの列車で使用されるE231系

逮捕容疑は、11月30日午後8時20分ごろに埼玉県深谷市岡のJR湘南新宿ライン踏切の線路に石を置いて、踏切通過後の電車を22分間停車させたということです。

幸い乗客などにけが人はいなかったということですが、いたずらでは済まされない非常に危険な行為ですよね…

本人は犯行を認めており、余罪もほのめかしているということです。

12月25日にも約3メートルの鉄パイプが同じ踏切の線路が置かれ、電車が24分間も停車しており、26日に警察が警戒を強めて警備していたところ、

果物ナイフを持った高校生が現場付近に現れたため銃刀法違反で現行犯逮捕。

その高校生を取り調べなどしていく中で、踏切の線路に石を置いた犯人であることが発覚したそうです。

高校生は果物ナイフで何をしようとしていたのでしょうか…

警察によりその場で逮捕されていなかったと思うと恐ろしいですね。

スポンサードリンク


逮捕された高校生の名前や学校は?

逮捕された高校生の名前はというと…

やはり16歳の未成年ということで名前は公表されていません。

学校も埼玉の県立高校という情報だけでは140校以上あるので絞り切れないというのが現状です。

しかし犯行が行われていた深谷市内に限定すると、

  • 埼玉県立深谷高等学校
  • 埼玉県立深谷商業高等学校
  • 埼玉県立深谷第一高等学校

3校に絞られます。

もちろん深谷市内の学校に通っていたとは限りませんが、犯行時間などから考えると可能性としては十分あり得るのではないでしょうか。

スポンサードリンク


余罪は何件?

最後に今回退歩された高校生の余罪について見ていきましょう。

埼玉県警深谷署によると、わかっているだけでも2016年10月23日~12月17日の間に深谷市の踏切線路への石置きが6件も確認されてます。

これに12月25日の鉄パイプの件も合わせて、逮捕された高校生は合計7件の電車の運行妨害事件に関わった可能性があると見られています。

この7件のうち、11月30日に踏切の線路に石を置いた容疑で逮捕されたわけですから、正確に言うと余罪は6件ということになりますね。

もちろん7件すべてに関わっているとは限りませんし、あるいはそれ以上の数の事件に関わっている可能性もあります。

その辺は今後の警察の捜査により明らかになってくるでしょう。

しかし本当に問題なのは…

この逮捕された埼玉県立高校1年生の生徒はなぜこのような犯行をしたのか?

ということです。

家庭環境に問題があったのか?

あるいは学校でいじめをうけていたのか?

できれば警察にはそういった根本的な問題を明らかにし、対処していただきたいですね。

そうでなければこの高校生はまた同じような犯行を繰り返すかもしれません…

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク


「JR湘南新宿ラインの線路に石!逮捕された高校生の名前や学校、余罪は?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です