スポーツ長者番付で錦織が29位に!?年収36億円の内訳は?


米経済誌フォーブス(電子版)が8日、この1年間の収入によるスポーツ選手長者番付を発表しました!そこで日本人プロテニスの錦織選手が29位にランクインしたことで今話題になっています!お金好きの私も気になってすぐに調べてみました。

スポンサードリンク


スポーツ長者番付とは?

まずスポーツ長者番付とは何か簡単に説明しますと、

これはアメリカの経済誌『フォーブス』が毎年発表する世界のスポーツ選手の年収ランキングです。ここでの年収は年俸など競技活動によって得られるものだけではなく、事業・広告・宣伝活動によって得られるものも含みます。

つまりCMやテレビ出演のギャラなんかも含まれるわけですね!

今年2016年は一位がサッカーのクリスティアーノ・ロナウドで8800万ドル(約93億円)。

2位にはサッカーのリオネル・メッシが8140万ドル(約86億円)。

3位にはバスケットボールのレブロン・ジェームズが7720万ドル(約82億円)という結果になりました。

日本人で最高は錦織で29位!

n-23

去年は92位だったテニスの錦織選手が今年は29位で日本人トップになりました。

気になるその年収は3350万ドル(約36億円)という驚きの結果!

同じ日本人で26歳にして36億円ってえげつないですよね…

正直笑えないレベルです。

その内訳はテニスの賞金で350万ドル(約4億円)スポンサー料などで3000万ドル(約32億円)です。

ほとんどスポンサー料じゃねえか!!!!

確かに錦織選手はユニクロや日清など世界的大企業のCMにも出演してますもんね。

やはり世界的に活躍すると世界的に人気になって、結果CMや広告、テレビ出演などが舞い込み、お金も入るということなんですね~

くぅ-!羨ましい!!

ちなみに日本人で2位だったのはヤンキースのマー君こと田中将大選手。

順位は74位で年収は2300万ドル(約24億円)とのことです。

うーん、30億円とか20億円とか実感がわかない金額ですが個人的にはやはり自分の本業に専念してもらいたいですね!

錦織選手も先日の全仏オープンではベスト16で敗退したわけですし、広告ばっかり出て本業のテニスがおろそかになったりしたら本末転倒です。

まあこういう発言は正直、とてつもない収入を得ている彼らに対しての妬みからきています(笑)

ニートのくせに器も小さくてすいません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です