稲城市で女子中学生の下着奪った高野吉範がやばい!供述にネット炎上!!

2016年11月28日、また驚くべき事件が発覚しました。東京都稲城市(とうきょうといなぎし)の公園で帰宅途中の女子中学生におそいかかり下着を奪った男、高野吉範(たかのよしのり)容疑者(35)が逮捕されたのです。今回はそんな高野吉範容疑者に対するネット上の反応なども含めて調べてみましたので早速みていきましょう。

スポンサードリンク


性的欲求がブレーキを上回った…

帰宅途中の女子中学生を刃物で脅して乱暴しようとした上、下着を盗んだとして東京都稲垣市若葉台の会社員、高野吉範容疑者(35)が警視庁捜査1課に逮捕されました。

thumb-12198-75386-domestic-300x169

 

↑こちらが高野吉範容疑者の画像

完全に犯罪者の目つきをしていますよね…

この高野吉範容疑者は、

2016年10月24日午後10時半頃、稲垣市内の公園で帰宅途中だった中学3年生の女子の生徒に後ろから抱きつき、ハサミを突きつけ脅します。

その後、公衆トイレの女子の方の個室に連れ込んで下着を奪い取り性的暴行を加えようとした疑いがもたれているのです。

幸い女子中学生は隙を見て逃げ出すことができ、けがはなかったそうです。

女子中学生は非常に恐かったでしょうね…

いきなり後ろから抱きつかれ、刃物で脅されて、小さな公衆便所の個室に気持ち悪い男の人と2人っきりになるなんて想像しただけでも震えます。

警視庁捜査1課によると、取調べに対し高野吉範容疑者は…

「性的欲求が自分にブレーキをかける力を上回ってしまった」

と供述しており、容疑を認めているようです。

また逮捕に至った経緯は、

防犯カメラの映像に女子中学生の後を数百メートルにわたって尾行する男が映っており、顔などから高野吉範容疑者が特定され、強盗強姦未遂容疑で逮捕されました。

正直、女子中学生のあとを数百メートルにもわたって付けまわすという行為も「ブレーキをかける力を上回った」などの発言も全て不快極まりない。

おそらく今回は初犯で未遂におわっているということからも、執行猶予などが付いた判決になる可能性が高いと思われるのが非常に残念ですね。

スポンサードリンク


ネット上での反応は?

さてネット上では高野吉範容疑者に対しどのような反応がされているのかというと…

「何交通事故起こした後みたいな冷静な分析してんの?」

「偉そうに自己分析してんじゃねえよw 」

「もしかしてかっこいいと思ってるの?」

「ブレーキなんてもとから無かったくせに。」

「被害者の中学生は絶対トラウマだろうなぁ。」

「女子中学生が可哀相…」

「ゲスの新曲のタイトルか?」

などと様々な怒りの声が寄せられており、もはやネット炎上となっています。

どれも当然の意見ですよね。

しっかり反省して、被害者の女子中学生に心から謝罪し、また一から人生をやり直していただきたいです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です