長野の限界集落で大麻栽培の22人!名前や職業は?大麻を販売していた可能性も!


2016年11月25日、またショッキングな事件が発覚しました。長野県の大町市(おおまちし)と池田町(いけだまち)の限界集落に住む男女22人大麻を栽培し、乱用していたとして逮捕されたのです。今回はそんな22人の名前職業などについても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


男女22人大麻物語?

長野県の限界集落で大麻を栽培、乱用していたとして大麻取締法違反容疑で22人が逮捕されたという衝撃の事件!

まさにかつてのトレンディドラマ『男女7人夏物語』ならぬ『男女22人大麻物語』ですよね(笑)

逮捕されたのは長野県大町市と長野県池田町に住む27歳~64歳の男女22人ということでその年齢層の広さにも驚きです。

「長野県 大町市」の画像検索結果

↑長野県大町市周辺の画像

警察の取調べに対し22人中16人は容疑を認めているようです。

関東信越厚生局麻薬取締部によると、それぞれの自宅から乾燥大麻計8キロ大麻草7本が押収されました。

乾燥大麻であれば一回あたりの使用量が0.5グラム程度といわれているので、8キロとなると約1万6000回分ということになります(笑)

いやいや…

もう笑えない量ですよね。

スポンサードリンク


22人の名前や職業は?

さて、今回逮捕された男女22人の名前や職業などの身元は判明しているのかというと、

公表されているのは…

長野県池田町に住む自営業の荒田裕容疑者(48)とその妻の荒田久子容疑者(36)のみ。

この夫婦が22人のリーダー的存在だったのでしょうか?

<追記>

長野県の大麻コミュニティー事件で逮捕された22人の容疑者のうち、新たな容疑者の名前が公開されました。

荒田裕容疑者(48)とその妻の荒田久子容疑者(36)に加え、

衣笠秀喜容疑者(48)とその妻の衣笠朱美容疑者(45)

西川博文容疑者(48)とその妻の西川奈緒子容疑者(45)

小坂茂登容疑者(47)とその妻の小坂愛美容疑者(27)

後藤聡容疑者(46)とその妻の後藤順子容疑者(43)

ジャクソン・マイケル・デイビッド容疑者(47)などの名前が明らかになっています。

なんと22人中12人が6組の夫婦だったということや、日本人だけでなくアメリカ人のジャクソン・デイビッド容疑者も大麻コミュニティーに参加していたことがわかっています。

 

もともと逮捕された男女22人は長野県外に住んでいた人たちで、おそらくネット上でコミュニティなどを形成し集まったのだと思われます。

この22人は長野県の限界集落の周辺で音楽イベントを主催したりしながら大麻を栽培し、乱用していたということです。

ちなみに限界集落というのは…

過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になってしまい、冠婚葬祭などの社会的共同生活の維持さえ困難になっている場所を指します。

この人があまりいないという場所の性質を利用して夜な夜な大麻パーティーを開き、男女22人は遅れてきた青春を謳歌していたということでしょう。

しかし4万回分というのは22人で使用するにしても明らかに多いです。

やはり栽培していた大麻をイベントに参加してくれた人などに販売していた可能性も考えられます。

つまりこの22人の収入源としては…

  • 主催していたイベントに参加してくれた客の参加費
  • そして栽培した大麻を販売することで得た利益

の二つが考えられます。

もちろん各自が会社員や公務員といった普通の職業に就いて働いていたことも考えられますが、限界集落で人も少ないですし県外からやってきたという点を踏まえても可能性は低いでしょう。

おそるべしコミュニティですね…

さらに彼らの家からは大麻を混ぜ込んだクッキーのようなものも見つかっており、大麻を用いたお菓子なども作って日常的に摂取していたようです。

もう私達が普段、白菜や玉ねぎなどの野菜を食べるような感覚で大麻を口にしていたのかもしれません。

個人的には彼らの体の健康状態を研究することで、新たな大麻の効能、体への影響などが明らかになるのではないかと興味があります(笑)

今後のさらなる警察の捜査により、他にも存在しているかもしれない違法なコミュニティを見つけ出し撲滅して頂きたい。

スポンサードリンク


~関連記事~

22人が大麻生活!長野の限界集落大町市と池田町ってどんなとこ?

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です