電車内で女性に体液かけた武藤雄哉とは?何かけたの?ネット上ざわつくw


2016年11月24日、電車内で女性の服に体液をかけたとして兵庫県姫路市に住む武藤雄哉武容疑者(34)が逮捕されていたことがわかりました。全く理解できない武藤容疑者の行為にネット上がざわついています。今回はそんな武藤雄哉容疑者に対するネット上の声も含めて調べてみたので早速見ていましょう!

スポンサードリンク


2016年11月24日、またもネット上がざわつく理解不能な事件が発覚しました(笑)

2016年7月22日午前9時10分~20分ごろ、神戸から九州方面へと続くJR山陽本線の「はりま勝原駅」~「姫路駅」間を走行中の電車内で、

兵庫県姫路市内に住む女性会社員(27)のズボンに体液をかけたとして、姫路市井ノ口に住む男性会社員の武藤雄哉容疑者(34)が逮捕されたのです。

ネット上は…

「体液ってもしかして…」

というようなざわつきを見せています(笑)

確かに一言に体液といっても鼻水、唾液など様々なものがあります。

しかし今回はズボンにかけられていたということや、ニュースになっているということを踏まえても恐らく精液のことを指しているのだと思われます。

会社員の女性は姫路駅で被害に気付き、ただちに警察に届け出たということです。

駅の防犯カメラの映像などから武藤雄哉容疑者が特定され、11月24日に器物損壊の容疑で逮捕されました。

この事件はわいせつ容疑ではなく器物損壊容疑で処理されているという点も驚きですよね。

女性が性的な不快感ではなく、単にズボンを汚されたことに対する不快感を感じたということなのでしょうか。

武藤雄哉容疑者は警察の取り調べに対し、

「間違いありません」

と容疑を認めているそうです。

犯行当時、武藤雄哉容疑者は夜勤明けの帰りだったということですが、

やはり頭もボーッとしていてつい間が指してしまったのでしょうか…

しかし、どう間が指してもそのような行為に至る思考回路が全く理解できないのですよね(笑)

スポンサードリンク


ネット上に寄せられた声

さてこの電車内で女性のズボンを体液で汚すという異例の事件に、ネット上ではどのような声が寄せられているのかというと…

「想像して吹いたわw」

「普通夜勤明けだったら疲れてるはずだろ…なんで元気なんだよ。」

「これはやばい…映画化決定w」

「被害にあった女性が可愛そう。」

「34歳で何してるんだよ…」

「これもう性癖とかのレベルじゃないですよね?」

というような様々な意見が寄せられています。

一部この事件を面白がるような意見もありますが、やはり心配なのは被害にあった女性の方ですよね。

まだ27歳という若さにもかかわらず、この件で男性恐怖症などになってしまっては今後の人生への大きな後遺症です。

武藤雄哉容疑者には自分の行いを恥じ、しっかりと反省して頂きたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です