「湯~園地」計画の動画が面白い!実現は確定!!ネット上での評判は?

11月21日に大分県別府市長が動画投稿サイトYouTubeで公開した「湯~園地」計画の動画。今、その「湯~園地」計画が面白いと話題になっています。今回はそんな「湯~園地」計画の動画も見た上で、実現の可能性ネット上での評判について調べてみましたので早速みていきましょう。

スポンサードリンク


「湯~園地」計画の動画がやばい!

2016年11月21日から大分県別府市で開催されている温泉文化発信イベント「ONSENアカデミア」で長野恭紘(ながのやすひろ)別府市長が発表した「湯~園地」計画。

「湯~園地」の画像検索結果

その内容は…

動画投稿サイトYouTubeに公開された「湯~園地」計画の動画の再生回数が100万回を突破した場合、動画に描かれているような温泉テーマパークを実現するというものです。

実際の動画がこちらになります。

※ただしこの動画を一回再生することで再生回数も加算されてしまうので実現の後押しになってしまうことをご了承したうえで再生してください(笑)

動画を見る限りではかなり斬新なものですよね(笑)

テーマパーク内を男女がタオル一枚で歩き回り、温泉につかりながらジェットコースターやメリーゴーランドを楽しむ。

ソフトクリームを食べていたカップルがジェットコースターからこぼれてきた温泉を頭からかぶるシーンなんかは見ていて面白くて笑ってしまいました(笑)

大分県別府市が制作したこの再生数連動型公約PR動画「spamusement park project 『湯~園地』計画」は、

別府市内で約90年の歴史を持つ「ラクテンチ」という遊園地で撮影され、出演している総勢150人以上のエキストラは全て別府市民だそうです。

別府温泉では毎分8万リットル以上(一般家庭の浴槽約450杯分相当)の温泉が湧出しており、今回は地元消防局署協力のもと温泉運搬車などを用いて12トン以上の温泉を運搬してふんだんに使用。

市民一丸となって制作したかなりクレイジーで面白い動画となっています。

公開から2日経った23日時点ですでに動画の再生回数は60万回近くとなっており、再生回数100万回を越えるのはもはや時間の問題となっています。

つまり大分県別府市の「湯~園地」計画はほぼ実現確定というわけです。

長野恭紘別府市長も公約宣誓書に署名もしており、すでに準備は始まっていることでしょう。

この斬新なテーマパークが実現することになれば全国から観光客が押し寄せること間違いなしということで、観光業を生業としている別府市民の方々も楽しみで仕方ないでしょうね(笑)

スポンサードリンク


「湯~園地」計画に対するネット上での評判は?

さてこの大分県別府市の「湯~園地」計画に対するネット上での評判はというと…

「こんなん好き(笑)絶対行こ!」

「タオルでメリーゴーランドはやばいw」

「湯冷めして風引く。」

「100万回とか自分達で水増しすればすぐでしょ!もっとハードルあげるべきだったな。」

「裸族かよw」

「こんなん行かないよ!見てるだけでのぼせそう。」

「絶対ポロリもあるよね。」

「破廉恥だな…」

賛否両論でしたが、

やはりタオル一枚で様々なアトラクションを楽しんでいるという動画の内容が誤解を招いているだけで、

実際はプールの延長で水着などを着用して遊ぶことになると思われますのでそこは安心ですね。

これにより観光客の数が増加すれば、別府市民としてもかなり恩恵を受けられますし、今後細かい部分の修正は必要だと思いますが非常に革新的で面白いアイデアだと個人的には思います。

市長を中心に市民一丸となって計画に取り組んでいるというところも素晴らしいですよね!

今後、この「湯~園地」の実現を楽しみに待ちましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です