近畿大学4年生の男がわいせつ行為で逮捕!名前や学部、余罪は?


11月21日、近畿大学4年生の男(22)が準強制わいせつの容疑で逮捕されていたことがわかりました。東大、慶大に続く新たな大学生の不祥事ということで、ネット上では批判殺到しネット炎上となっております。今回はそんなわいせつ行為をおこなった近大生の名前学部、また余罪などについて調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


近大生がわいせつ行為で逮捕!

マグロの養殖などで近年、一躍有名になり世界にも名を轟かせ始めている私立近畿大学。

「近畿大学」の画像検索結果

そんな近畿大学に通っていた大阪市中央区に住む4年生の男子学生が女性に大量のお酒を飲ませてわいせつ行為をおこなったとして、準強制わいせつの容疑で21日に大阪府警刑事特別捜査隊に逮捕されました。

逮捕容疑は…

2016年2月上旬、大阪市北区曽根崎新地にあるバーラウンジで数人と共謀し、20代の女性に大量の酒を飲ませて意識不明にしてわいせつな行為をおこなった疑いがあるというのです。

被害者の女性とその近大生には面識はなかったそうですが、女性は知人から…

「パーティがある」

などと呼び出されて大阪市北区曽根崎新地の店に来店。

そこで被害にあってしまったというのです。

この女性を呼びだした知人も近大生の男と共謀していたのでしょうか…

ひどい話ですよね。

大阪府警は逮捕された近大生の男が取調べに対し容疑を認めているのか否認しているのかを明らかにしておらず、名前も公表されていません。

しかし一部ネット上では、名前は瀬戸和真(せとかずま)22歳の近畿大学法学部4年生というような情報もあります。

1-46-245x300

th2ie0pnjc

 

 

↑瀬戸和真容疑者の画像

なんやこいつは!けしからん!!

チャラいにもほどがあるやろ…

っという皆さんの思いは聞かずとも伝わってきます(笑)

この瀬戸容疑者のツイッターの情報によると、2016年10月7日には大阪のミナミでバーをオープンしており、オーナーとして働いていたそうです。

確かに逮捕された近大生は大阪市中央区に住んでいたということですから、同じ中央区のミナミに店を開き、その付近に住んでいたと考えればつじつまが合いますよね。

スポンサードリンク


余罪が多すぎる!

今回、この瀬戸容疑者がおこなっていた、

「酒を大量に飲ませて意識を混濁させてからわいせつな行為をする」

という犯行と同様の手口による被害が大阪府内でも10件ほど確認されているということで、瀬戸容疑者にはさらなる余罪があるのではないかと警察が捜査を進めています。

10件って多すぎやろ!

というのが正直な感想ですよね…

瀬戸容疑者は4年生だったということで卒業間近だったにもかかわらず、今回の件で近畿大学を退学させられることになるでしょう。

またバーをオープンしたばっかりにも関わらず残念ですね…

thqye08y9a

↑瀬戸容疑者がオーナーを務めていたバーの画像

奥に書かれてある「LEAI」という文字は店の名前でしょうか?

名前も店も公表され、今後社会復帰が一段と難しい状況になってしまいました。

社会的制裁および刑事的処罰を受け反省し、被害者の女性達に心から謝罪した上でまた一から人生をやり直していただきたいですね。

スポンサードリンク


ネット上での反応は?

さてこの近大生に対し、ネット上ではどのような声が寄せられているのかというと…

「近大もか…」

「また近大か。」

「所詮は近大。」

「大学生は元気があってよろしいな。」

「下手したら命の危険もあるのにそんなんもわかんないの?」

「酔わさないとできないなんて最近の学生は情けない。」

「女性の口説き方も知らないからこうなる。」

というような厳しい批判が殺到し、まさにネット炎上しています。

このような一部の学生のふざけた行為により、全ての大学生が悪く思われてしまうのは非常に残念ですが、東大や慶大、近大と相次いでこのような事件が起きてしまっては致し方ないのかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です