シャラポワが使用したメルドニウムの効果や副作用は?入手方法や使用理由も気になる!

ドーピング検査で陽性反応が出たロシアの女子プロテニス選手、マリア・シャラポワの2年間出場停止処分が決定しましたね。そのシャラポワが使用したメルドニウムという禁止薬物の副作用や入手経路等について調べてみました!

スポンサードリンク


メルドニウムの効果

メルドニウムはバルト三国のひとつラトビアで1970年代半ばに開発され、もともとは家畜の成長を早める薬だったそうです。

しかし2000年を過ぎて、人に投与すると心臓の働きを高め虚血症などの心疾患に効果があることが分かってきました。

要するにメルドニウムとは

血液を体中に送るポンプの役割を果たしている心臓の働きを高めてより多くの血液が体中に流れるようにする薬なんですね。

体により多くの血液が流れるとどうなるかというと…

まず体中の細胞により多くの酸素が供給されることになります。

すると人は疲れにくくなったり、疲れが取れやすくなったりします。

結果、スタミナや肉体の回復力上昇につながるのです。

さらには脳に多くの血液が流れ、酸素の供給が高まることで集中力の向上なども期待できるはずです。

確かにこれならスポーツの世界においてドーピング目的で使用できるので禁止薬剤になっているのもわかりますよね。

しかしこれだけの効能があるわけですから治療薬としても幅広く使用できます。

心不全や心筋梗塞、肺疾患、神経変性疾患などの治療に用いられるそうです。

スポンサードリンク


副作用

言い方をかえればメルドニウムは心臓の働きを無理やり高めるわけですから使い続けると心臓に負担がかかることが懸念されます。

そして血液の供給量が増えるので、血圧の向上や心拍数の上昇といった症状があらわれます。

また血行が良くなることで皮膚のかゆみ、赤み、発疹などがでる可能性もあります。

しかし今のところは大きな副作用というものは確認されていません。

個人的には心臓に負担をかけ続けると心臓病などが引き起こされる可能性が高くなり、最悪の場合死に至るという心配があります。

シャラポワさんも早死にしなければ良いのですが…

スポンサードリンク


入手方法

基本的にロシアなどでしか認可されておらず、日本やアメリカでは処方してもらうこともできません

しかしインターネットでなら日本はもちろん世界中どこでも入手できます!

あるサイトでは0.5グラムのカプセル60個入りで6000円ほど。

しかしシャラポワの事件で購入者が相次ぎ、値上がりや品切れが起きているそうです(笑)

スポンサードリンク


シャラポワの使用理由

さてシャラポワ本人はどのような理由で使用したと弁明しているのかというと、体調不良で通院していた主治医から処方されたとのことです。

しかしシャラポワはほとんどをアメリカで過ごしており、アメリカで処方されることはまずありません。

それに10年も体調不良で使用し続けていたなんて明らかにおかしいです。

もう少しマシな嘘をついたほうがよかったのではないかと思います(笑)

しかしメルドニウムが禁止薬物に登録されたのは2016年1月1日からです。

シャラポワ選手はメルドニウムが禁止薬物になったことを知らずに使い続けていたようですし、他にもメルドニウムを使用していた選手が多くいる中で2年もの出場停止は厳しいような気もします。

29歳のシャラポワにとって二年という選手人生はかなり大きく致命的と言わざる終えないのではないでしょうか?

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です