松本山雅ユースの高校三年生が強制わいせつで逮捕!名前や学校は?

サッカーJ2の松本山雅のユースに所属する高校3年生の少年(18)が10月に強制わいせつの容疑で逮捕されていたことがわかりました。今回はそんな松本山雅のユース選手わいせつ事件に関して、逮捕された選手の名前学校ネット上に寄せられた意見についても調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


松本山雅ユースの高校3年生がわいせつ事件?

サッカーJ2の松本山雅FCの育成組織「ユースアカデミー」に選手として所属していた高校三年生の少年(18)が3件のわいせつ事件を起こしたとして、強制わいせつの容疑で10月に長野県警松本署に逮捕されていました。

「松本山雅」の画像検索結果

↑松本山雅FCのエンブレム

松本山雅FCといえば近年徐々に力を付け、2015年には初のJ1昇格を果たしたものの、まだまだ発展途上のチームなこともあり一年でJ2に降格。

しかし今期は最終節を残してJ2で三位という位置につけていることもあり、再びJ1に昇格する可能性があるということで期待されているクラブです。

そんな松本山雅FCのユースに所属する少年がわいせつ事件で逮捕されてしまったというから驚きですよね…

捜査関係者によると…

逮捕された松本山雅ユースの少年は、2016年1月下旬に長野県松本市内の路上で10代の女性に後ろから抱きつき、体を触るなどわいせつな行為をしたということです。

また10月4日にも、松本市内で20代の女性に卑猥な行為をした上で、女性の衣服を汚した疑いがもたれています。

松本署は10月4日の事件で被害にあった女性からの被害届を受けて捜査を開始し、翌日の5日には松本山雅ユースの少年を逮捕。

その後、1月下旬の事件にも関わっていることが判明し、10月15日に再逮捕されています。

容疑としては1月の事件における強制わいせつの容疑、10月の事件における県迷惑防止条例違反(ひわいな行為の禁止)器物損壊の容疑ということで3つも容疑をかけられてしまうことになりました。

本人は取り調べに対し、

「間違いありません。」

と全ての容疑を認めており、11月4日に家庭裁判所に送致されています。

松本山雅FCの広報担当者はマスコミの取材に対し、

「(少年の逮捕に関しては)コメントできない。」

と話しているそうです。

普段サッカーで鍛えた筋肉などを女性への暴行に使ったという非常に嘆かわしい事件ですね…

さらにこの2件のほかにまだ余罪がある可能性も否定できません。

これにより将来、サッカー選手として活躍する道も閉ざされたわけですが、本人はどのような心境なのでしょうか。

このような異常な性犯罪者の考えていることなど全く検討もつきません。

また同じような事件を繰り返さなければよいのですが…

また未成年ということで名前学校名などは公表されておらず、すでにクラブのホームページなどから名前は削除されていると思われるので特定も難しい状況です。

少年と同じ松本山雅FCユースのチームメイトなどから情報が漏れることを期待したいですが、おそらくそれも難しいでしょう。

まあ個人情報が公開されていないことで本人の社会復帰は比較的容易にはなりますので、少年の将来のことを考えると幸いなのかもしれませんね。

スポンサードリンク


ネット上での反応は?

さてこの松本山雅ユース選手わいせつ事件に関して、ネット上ではどのような反応がされているのかというと…

「サッカー選手としてより人としての育成が先でしょ!」

「女性の衣服を汚したって表現は…そういうことですよね…」

「監督やスタッフは技術指導だけでなくしつけもしっかり行うべきだ。」

「これは松本山雅の責任というより親の責任。」

「自分のチームの選手が逮捕されているのにコメントできないとかふざけてますよね?」

「自分のボールコントロールもできないとは、人として失格。」

「これはひどい!未成年で思慮が浅いでは済まされない!!」

というような逮捕された本人にはもちろん、松本山雅や親御さんにまで批判が殺到し、まさにネット炎上となっています。

まあどれも当然の意見ですよね…

しかしやはり一番悪いのは、未成年であってもこのような犯罪を犯した本人ですし、今後刑事的な処罰社会的制裁を受けながらしっかりと反省し、サッカー選手とは別の道で社会復帰を果たしていただきたいです。

また一番かわいそうなのは、この少年にわいせつな行為をされた女性達であり、2人の被害女性の心に傷が残らないか心配です。

警察や検察側がしっかりとケアしてくれることを願いたい。

スポンサードリンク


<追記>

ネット上で批判が殺到したことを受けてか、松本山雅FCがユース選手わいせつ事件に関して謝罪コメントを発表しました。

「まずは被害に遭われた方に心より深くお詫び申し上げます。またファン、サポーター、スポンサー、地域の皆様、関係者、Jリーグを応援して下さる全ての皆様にお詫び申し上げます。」

逮捕から一ヶ月以上、発表せず隠していたことに関しても以下のようにコメントしています。

「本件につきましては、事件の特性上、被害者のプライバシー保護、未成年への配慮と更正、社会復帰を重要と捉え、保護者、Jリーグを含めた関係各所と協議しながら今日まで慎重に対応してまいりました。」

「今後の同選手への対応としましては、事件概要、刑事処分の確認を踏まえた上で、クラブとして対応して参ります。」

確かに事件の特性上あまり公表するような内容の事件ではないものの、いずれ発覚することは目に見えていたわけですから、早めに対処してマスコミにかぎつけられる前に先に文書などで謝罪しとけばよかったのに…

と思ってしまいます。

そうすればこのようにJ1昇格がかかった大事な時期に過剰に騒ぎ立てられることもなく、結果として被害者女性の心の傷もえぐられず、選手たちも全力で試合に打ち込めたのではないでしょうか。

もし今後、同じようにクラブの選手が不祥事を起こした際には今回の反省をいかして早めに対応していただきたいですね。

まあ二度と不祥事を起こさないに越したことはないのですが…

スポンサードリンク


「松本山雅ユースの高校三年生が強制わいせつで逮捕!名前や学校は?」への1件のフィードバック

  1. 問題を起こした以上、年内のこっている、プリンスリーグ参入戦などもすべて事態するべきだ!
    Jユースカップに出場していたことも容認できない。
    Jリーグの育成世代の根幹を揺るがす、大問題ということを
    クラブは認識するべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です