東大の女子学生家賃補助に批判殺到!そんなおかしな話はない!!


東京大学が2017年4月から、1人暮らしの女子学生向けに月額3万円の家賃を補助する制度を導入するということで批判が殺到しています。今回はそんな東京大学の女子学生優遇に対してネット上に寄せられた様々な意見を見ていくとともに、この制度の意義について考えていきましょう。

スポンサードリンク


東大女子限定の家賃補助とは?

日本最高峰の大学として知られる国立東京大学。

そんな東京大学が2017年4月から1人暮らしの女子学生に月額3万円の家賃を補助する制度を導入するというのです!

東大の女子優遇制度の詳細はというと…

対象は2017年4月の入学者のうち、自宅から東京都目黒区にある駒場キャンパスまでの通学時間が90分以上の女子学生。

駒場キャンパスとは主に全ての学部の学生が前半の二年間を過ごすキャンパスです。

「東京大学 駒場」の画像検索結果

↑駒場キャンパスの銀杏並木

その駒場キャンパスの周辺に保護者も宿泊できて、安全性や耐震性までも確保されたマンションを100室も用意し、家賃の月額3万円を2年間支給するというのです。

一人当たり3万円×24ヶ月=72万円を支給するという驚きの女子優遇制度ですよね(笑)

無利子の奨学金などを借りる際に設けられる保護者の所得制限もないというから驚きです!

この衝撃の制度導入の裏には、東京大学が抱える一つの問題がありました。

それは「東大女子少なすぎる問題」です!

実は東京大学は志願者、在籍者ともに約20%しかいないのです。

20%って女子が五人に1人しかいないということですよね…

しかも学部によって女子の比率というのは偏りがでてくるので、女子の割合が一桁の学部なんかも存在します。

この事態を問題視した東大は、多様な人材による研究や教育力の向上を目指し、高校訪問や女子高生向けのイベントを開くなどして女子の受験を呼びかけてきましたが、全く効果が現れず…

そして地方の入試説明会などで女子の安全な住まいについて心配する保護者が多かったということで、このような女子優遇の制度を生み出したというのです。

東大は以下のようにコメントしています。

「まずは女子の志願者増につなげたい。」

まあ東大の言い分もわからなくはないですが、正直金で釣ろう感が否めないですよね!

東大ならもっとお金ではなく革新的な教育制度の導入などで女子学生の数を増やすことはできなかったのでしょうか?

スポンサードリンク


ネット上での反応は?

この東京大学の女子限定家賃補助に関して、ネット上ではどのような反応がされているのかというと…

「なぜ女子限定?こんなおかしな話はない。」

「私立なら経営戦略の一端としてありかもしれないけど、国公立は税金を使用しているわけだしダメでしょう!」

「おかしい!女子寮じゃだめなの?」

「男女逆差別だ!」

「家賃補助でつるのではなく、もっと大学自体に魅力をもたせるべき。」

「考えが幼稚すぎる。これが日本のトップの大学と思ったら残念で仕方ない。」

というような批判が殺到し、まさにネット炎上となっています。

そりゃそうですよね(笑)

いくら女子学生を増やしたいからといって、このような一方的な女子優遇制度を導入してしまうというのはかなりずれた考え方だと思われてしまうでしょう。

また個人的には…

日本最高の学力を誇る大学ということで国から多額の税金を与えられ、資金力が豊富な東大だからこそ出来る制度であり、

京都大学や大阪大学、その他の国公立大学も同じような状況にあるにもかかわらず、東大だけ資金力にものを言わせてこのような制度を導入するというのは非常にけしからんです(笑)

私がかつて通っていた大学も同じような状況でしたが、学校によっては日々の研究費にも困るぐらい困窮した状況にあり、東大がそのような税金の使い方をするのぐらいであれば、それぞれの国公立大学に研究費や指導員の給料として分配していただきたい。

日本最高峰の大学が聞いて呆れてしまいます…

海外から見ても異例の制度で、非常に恥ずかしい姿ではないでしょうか。

今後も東京大学がこのような状況であれば、日本の将来というのも非常に心配ですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です