闘莉王退団の名古屋グランパスに批判殺到!ネット炎上で応援する価値なし?


11月8日、名古屋グランパスを退団することが決まった田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手(35)が羽田空港初の航空機で母国ブラジルへと帰る前に報道陣のインタビューに応える様子を見て、ネット上では名古屋グランパスへの不満爆発しています。今回はそんな闘莉王のインタビューでの発言も踏まえながら、ネット上での名古屋グランパスへの批判コメントをまとめてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


報道陣に闘莉王が語ったこと…

今年初のJ2降格を決め、主力選手を次々と手放しているサッカークラブチームの名古屋グランパスエイト、通称「名古屋グランパス」。

そんななか田中マルクス闘莉王選手も、11月6日に来期の契約を更新しないことを通達され、7日にはクラブから退団が発表されていました。

「トゥーリオ」の画像検索結果

↑田中マルクス闘莉王選手(35)

田中マルクス闘莉王選手いえばかつて日本代表としても活躍し、一度は現役を引退したものの…

長年お世話になった名古屋グランパスがJ2降格の危機ということでジュロブスキー監督に直談判され、奥さんの制止を振り切ってブラジルから戻ってきて現役復帰してくれたことで有名ですよね。

まさにサッカー界の黒田投手のような男気のあふれた素晴らしい選手です。

復帰後は3勝1分け3敗ということで、最終節まで残留争いをもつれさせたものの残念ながら得失点差で降格してしまいました。

そんな闘莉王が8日、羽田空港初の飛行機で母国ブラジルに帰る前に報道陣のインタビューに応えてくれました。

わざわざ呼び寄せておいて、J2降格となってしまったから契約は更新しないという名古屋グランパスに対して闘莉王は以下のようにコメントしています。

「また違った意味でやる気にさせてくれた。

だったらやってやろうじゃないかという気持ちがある。

もう一回、自分の中の火が炎に変わるような、また新たな挑戦しようじゃないかという気持ちにさせてくれている。

今、本当にそういう状況です。

僕の人生にとって、日本はすべてに近いものがある。

また日本で活躍している姿を届けられたらいいなと思う。

帰って、ゆっくり考えて決断したい」

どうやら身勝手な名古屋グランパスに対する怒りで、現役続行の考えがわいてきたようにも感じられる発言をしています(笑)

普通なら…

もううんざりだ!二度と戻ってこない!!

と怒って帰ってしまいそうなところですが、怒りをエネルギーに変えてしまうところが闘莉王らしいですよね。

またさらに、

「今のグランパスを仕切っている人たちが何を考えているのかと思いながら、この何日かを過ごしてきた。

どこに向かって走っているのか、本当に誰もが分からないまま、この状況が続いている。

また同じ失敗を繰り返すのかなと、しみじみ感じてます」

というような名古屋グランパスのフロントを痛烈に批判するようなコメントも残しています。

わざわざ奥さんの制止を振り切ってまで現役復帰をしたのにこんな仕打ちをされたのでは、怒るのも当然ですよね…

名古屋グランパスは今後どのようなクラブになってしまうのか色んな意味で目が離せません。

スポンサードリンク


サポーターからも名古屋に批判殺到!

この闘莉王のインタビューの様子を見て、ネット上では名古屋グランパスに批判が殺到しまさに炎上しています。

「闘莉王への対応が酷すぎる!」

「選手にこまで言われちゃうチームってなかなかないよね。これはしばらく昇格はなさそうだなぁ」

「名古屋のフロントはダメすぎる!選手もいなくなるけどサポーターもいなくなると思う。実際、発足時からのグラファンだけど辞めようかと…」

「もう今の名古屋には何を言っても無駄。」

「愛情を注ぐには値しないチームになってしまったことが悲しい。」

「TOYOTAの社員で試合すれば。」

長年名古屋グランパスのサポーターをやってきた人たちからもかなり批判されてしまっています。

おそらく名古屋グランパスの選手や監督を次々と放出し、全くどこへ向かっているのかわからないような様子にファンもかなりいらだっているのでしょう。

名古屋グランパスにはファンや選手の声に耳を傾け、チームとサポーター一丸となって一刻も早いJ1復帰の実現を期待したいところですが、確かにこの様子では当分昇格することはなさそうです…

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です