博多駅前通りで大陥没!原因や影響、復旧の目処は?水はどこから?


11月8日午前5時15分ごろ、福岡県福岡市の博多駅前の道路が陥没し、直径30メートルほどの超巨大な穴が出現しました!しかもその陥没によって空いた穴は徐々に広がりつつあるということで、今回はこの博多駅前通り大陥没の原因周囲への影響復旧の目処は立っているのかについて調べてみたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


原因は地下鉄延伸工事?

11月8日午前5時15分ごろ、福岡県福岡市の博多駅前2丁目交差点付近がいきなり陥没し、直径10メートルほどの穴が出現しました。

「博多駅前 陥没」の画像検索結果

↑これが8日、午前6時ごろに撮影された穴の様子で、道路の左右側から崩れ落ちていることがわかります。

「博多駅 陥没」の画像検索結果

↑そしてこちらが午前10時ごろに撮影された穴の画像。

真ん中も崩れて、深さ約15メートル、直径40メートル以上の一つの大きな穴となっており、中には水が溜まって池のようになっています。

目を疑うような光景ですよね…

午前五時過ぎに陥没したということで、幸いけが人などは報告されていませんが、

この博多駅前通りは日中交通量がかなり多いところだったということで、早朝に陥没したのは不幸中の幸いですね。

何故、博多駅前通りという多くの人が利用する道路でこのような陥没が起こったのか?

陥没の原因はなんだったのかのかというと…

現場では大陥没が起きる数分前まで、福岡市営地下鉄七隈線の延伸工事中が行われていました。

現在穴が開いている地点よりさらに下の地下約30メートル地点を掘削機で掘っていたところ、いきなり水が噴出したため工事を中止したそうです。

そして博多警察署に要請して付近を交通規制した約5分後に道路が陥没しはじめました。

これだけ見たら、工事のおっちゃんが早朝だったので寝ぼけて水道管を傷つけてしまい、そこから噴出した水で地盤が緩んで陥没してしまったのかな?

と思ってしまいますが、詳しい原因は福岡市が調査しているということで、調査結果の報告を待ちましょう。

しかしこの付近は過去にも地下鉄工事中に2000年と2014年に2回も同じような小規模な陥没が起きているということで、地盤が弱い地域だった可能性が高いようです。

スポンサードリンク


停電などの影響や復旧の目処は?

この陥没により、博多駅前通り付近では最大約800戸停電しました。

午前8時半時点でも、172戸が停電しており九州電力が陥没との関連を調べているそうですが、現場付近は危険で近づけないため調査も難航しているということです。

さらに辺りにはガスの匂いも充満しているということで、現場は非常に危険な状況にあることがわかります。

福岡市は8日午前9時45分、博多区の博多駅前2、3丁目の現場周辺の建物7棟に二次災害防止のため避難勧告を出しており、

博多区博多駅東1丁目の堅粕(かたかす)公民館と博多区博多駅前4丁目の東住吉公民館に避難所を設けられています。

他にも福岡銀行のオンラインシステムがダウンしてしまったり、付近の商業施設が営業できなかったり、交通規制により迂回しなければならなかったりと様々な影響が出ていますが、

常に水も流れ出ており、穴を埋めるどころかさらなる陥没の恐れもあって近づけないため、復旧の目処はまったくたっていないということです。

まさに手も足もでないという状況ですよね…

博多駅前通りを使えないとなると福岡市内の人だけでなく、他県から仕事や観光で来た人たちにとっても不便でしょうし、一刻も早く復旧していただきたいです。

スポンサードリンク


水はどこから来ているの?

陥没した穴には大量の水が流れ込んでおり、まさに池のようになっていますが、

この水はいったいどこから来ているのでしょうか?

「博多駅前 陥没 水」の画像検索結果

この水は穴の真ん中にある大きな配管からはもちろん、四方の配管から流れ出ています。

要するに周辺の建物に水を提供するために地下に張り巡らされていた水道管、あるいは下水処理場に下水を送るための下水管が陥没により折れてしまい、そこから水が吹き出しているということですね。

徐々に水位も上がってるということでこのまま水が噴出し続ければ、穴からあふれてさらに被害が拡大する可能性や、地盤の緩みによりさらに陥没がおきてしまう可能性もあります。

そもそも水があっては復旧も進まないですし、早急に対処しなければなりません。

もはや問題が山積みで、どこから手をつければわからない状況ですよね(笑)

もう笑うしかありません…

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です