京都で足なめ男逮捕!余罪や動機、ネットの反応は?まさに妖怪w


11月7日、運転席にもぐりこみ嫌がる女性の足を35分間も舐め続けた容疑で京都に住む配送業アルバイトの男(56)が逮捕されました。まさに妖怪「足なめ男」ということでネット上ではかなり話題になっています。今回はそんな足舐め男の余罪や動機、ネット上での反応も含めて調べてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


女性の足を35分舐め続けた?

運転席で嫌がる女性の足を35分間も舐め続けたということで、強制わいせつの容疑で京都府警生活安全対策課に7日に逮捕された足舐め男。

この足舐め男の正体は…

京都府京都市伏見区に住み、配送業のアルバイトをしていた56歳の男でした。

足舐め男は7月23日午前0時ごろ、京都市伏見区内の駐車場で通りかかった女性に、

「車のブレーキの修理を手伝って欲しい。」

と声をかけます。

そしてその女性を自分の車の運転席に座らせ、

「ブレーキを踏んで。」

と要求したあと、運転席に体を潜り込ませ…

右足のサンダルを脱がせて、35分もの間嫌がる女性のかかとを舐めたり歯を立てたりしたというのです。

想像しただけでも身の毛のよだつ事件ですよね(笑)

約30分間女性の足を舐め続けて男は満足したのか、その後は、

「ありがとう」

と女性にお礼を言って開放。

女性はどうやら証拠として男が足を舐めるところをスマートフォンで撮影していたようで、また車のナンバーを覚えていたことなどから警察が伏見区に住む配送業のアルバイトの男を特定。

そして7日、逮捕されたということです。

深夜に知らない男の乗ったり、35分もの間逃げなかったり、足を舐められているところをスマホで撮影したりと、足を舐められた側の女性もかなり不思議な行動をとっていますよね(笑)

「足首を押さえられ、サンダルも脱がれて裸足だったので、逃げられなかった」

と女性は話しているそうですが、激しく抵抗すれば逃げられそうな気もしますよね…

まあ女性としては恐怖で動けなかったのかもしれません。

警察の取調べに対し足舐め男は、

「覚えがない。」

と容疑を否認しているものの、京都市伏見区内では平成24年から今年9月にかけて女性の足が舐められたりする同様の事件が5件も発生しており、余罪などについても捜査が行われているということです。

56歳にもなって夜な夜な女性の足を舐め、女性達に恐怖と不快感を与えたという罪は計り知れません。

動機もおそらく自分の特殊な性的欲求を満たすためであったと考えられます。

今後、犯人と確定され次第名前も公表されるでしょうし、しっかりと刑事罰及び社会的制裁を受けて欲しいですね。

スポンサードリンク


ネットの反応は?

さてこの逮捕された「足舐め男」に対して、ネット上ではどのような声が寄せられているのかというと…

「気持ち悪…」

「こういう人の善意につけこむ犯罪は許せんな。女の子も人間不信になるやろな。」

「35分の車内の空気を思うとこっちまでトラウマになる。」

「もちろん男がいけないけど、こんな真夜中に見知らぬ男の車に乗ること自体おかしいよ。」

「足なめだけですんでよかった」

「正直意味が分からん。」

というような様々な意見が寄せられていました。

特に多かったのは…

足なめ男に対して気持ち悪いなどの不快感を表す意見や、夜遅くに見知らぬ男性の車に乗った女性に対して理解できないという意見ですね。

確かに私も個人的に女性の行動には不可解なものが多いように感じますが、襲われてもおかしくない状況下で足を舐められただけで済んだのはなによりです。

女性には今後、自分の身の危険を察知できるようになって頂きたいですね。

スポンサードリンク


「京都で足なめ男逮捕!余罪や動機、ネットの反応は?まさに妖怪w」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です