北九州空港で爆弾騒ぎの乗客2人逮捕!ネットの反応がやばい!!

2016年10月28日の午前7時ごろ、福岡県北九州市の北九州空港で爆弾騒ぎを起こし出発を遅らせたとして乗客2人が逮捕されました。非常にふざけた事件ということでネット上では批判が殺到しています。今回はそんな北九州空港の爆弾騒ぎに関して調べるとともにネット上に寄せられた声などもまとめてみましたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


北九州空港で爆弾騒ぎ!

28日午前7時ごろ、福岡県北九州市小倉南区空港北町の北九州空港で爆弾騒ぎを起こし飛行機の離陸時間を遅らせたとして、

福岡県北九州市八幡西区里中3に住む自営業として運送業を営んでいた寺坂勝善容疑者(43)と同区本城学研台2に住む同じく自営運送業の鮎川太志容疑者(37)の2人が威力業務妨害容疑で現行犯逮捕されました。

「北九州空港」の画像検索結果

↑北九州空港の画像

離陸準備をしていた北九州発羽田行きのスターフライヤー72便の機内で乗務員が2人の持ち込んだキャリーバッグを収納棚に上げようとした際に、鮎川容疑者がそのキャリーバッグを指さして…

「危険物が入っている!」

と突如話し、寺坂容疑者も、

「爆弾が入っている!!」

などと騒ぎたて乗員乗客121人を脅し、連絡を受けた機長は離陸を取りやめて直ちに駐機場に引き返しました。

その後2人は駆けつけた警察官に取り押さえられ、警察がキャリーバッグの中身を確認したところ爆発物などは入っておらず、非常に悪質ないたずらとして調査されています。

結果として53分も出発が遅れたということですが、なぜ40代前後のいい歳したおじさんがこのような意味のない悪質ないたずらをするのか理解できませんよね(笑)

福岡県警小倉南署の取調べに対し…

鮎川容疑者は容疑を認めている一方、寺坂容疑者は「自分は隣で笑っていただけ」と容疑を否認しているようです。

いや、一緒になって笑っていた時点で共謀者です(笑)

また2人は事件当時酒に酔っていたそうですが、そんなのは言い訳ですし、迷惑をかけた乗員乗客121人及び空港関係者、ならびに飛行機の遅延で不都合を被った全ての人に対しての反省の色も感じられない非常に腹立たしい事件です。

スポンサードリンク


ネット上の反応は?

この2人のおじさんによる理解しがたい悪質ないたずらにより飛行機の出発を妨害されたという事件に対して、ネット上では…

「飛行機に対する威力業務妨害はハイジャックとの関係で一発実刑 。民事の損害賠償も千万単位で来るしいいざまだ。」

「馬鹿なの?」

「なにやってるんだか…」

「何のためにそんな嘘付いたかわからんしほんと迷惑やな」

「いたずらでは済まされない軽めのテロ」

「自分が乗ってる飛行機でやられたらキレるわw」

などといった当然のごとく厳しい意見がほとんどですね。

この2人の容疑者に家族はいなかったのでしょうか…

もし子供でもいたならば本当に情けない話ですよね。

本当に反省していただきたい。

スポンサードリンク


「北九州空港で爆弾騒ぎの乗客2人逮捕!ネットの反応がやばい!!」への2件のフィードバック

    1. 本人はお金で済むから大丈夫でも乗客の方とか遅延したことによる被害は計り知れないよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です