北国新聞取締役の嵯峨元を危険ドラッグ輸入で逮捕!輸入したラッシュとは?


2016年10月19日、地方紙として石川県などで愛されている北国新聞(ほっこくしんぶん)を発行している北国新聞社の取締役、嵯峨元(さが はじめ)容疑者(60)が逮捕されたということがわかりました。容疑は危険ドラッグの輸入の疑いがあるということですが、今回はそんな北国新聞社取締役の嵯峨元容疑者が逮捕された件に関しての経緯や輸入していた危険ドラッグ「ラッシュ」とは何かということも含めて調べてみたので早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


北国新聞社取締役の嵯峨元を逮捕!

石川県警が19日、危険ドラッグを輸入した疑いで金沢市石引4丁目に住む北国新聞社取締役嵯峨元(さが はじめ)容疑者(60)を逮捕したことを発表しました。

「北國新聞社 取締役」の画像検索結果

↑北国新聞社本社ビルの画像

容疑は医薬品医療機器法違反(指定薬物の輸入)関税法違反(禁止物の輸入未遂)ということですが、

嵯峨元容疑者は「輸入したことは間違いありません」と容疑を認めているそうです。

新聞社の取締役が逮捕されるなんて前代未聞ですよね…

なんて言ったって逮捕されたら自分が新聞に載ってしまうわけですから(笑)

北国新聞社の信用問題にも関わってしまいます。

ましてや危険ドラッグの輸入なんて信じられません(笑)

県警組織犯罪対策課によると…

嵯峨元容疑者は2015年11月に危険ドラッグ「ラッシュ」が含まれる液体の小瓶計12本(計85.86グラム)約6万円で購入し、2回にわたり米国から航空通常郵便で輸入。

成田空港に小瓶入りの郵便物が届き税関職員が発見した後、石川県警に通報。

そして2016年10月19日に石川県警が北国新聞社の本社(金沢市南町)などを家宅捜索しました。

北国新聞社の広報部長を務める坂野洋一さんはこの件に関して次のようにコメントしています。

「当社の取締役が逮捕されたことはまことに遺憾です。逮捕前に辞任届が提出されましたが、捜査の状況をみながら、辞任届の取り扱いを含めて厳正に対処します」

逮捕前に嵯峨元容疑者本人から辞任届けが提出されていたということですね。

本人は自分が逮捕されるのが前もってわかっていたのでしょうか…

どちらにせよ60歳という定年間際の年齢で会社や家族にも迷惑をかけ非常に残念な結果になってしまいました。

もうかける言葉も見当たりませんね…

スポンサードリンク


危険ドラッグ「ラッシュ」とは?

さて次は嵯峨元容疑者が輸入しようとしていた危険ドラッグのなかにあった「ラッシュ」とはどういったものなのか?ということについて見ていきましょう。

ラッシュ(RUSH)とは、アメリカ合衆国のパック・ウェスト・ディストリビューティング社が販売する薬品で、亜硝酸エステルを主成分とする液体状の薬物です。

亜硝酸エステルは狭心症などの治療に用いられるもので、血管の拡張や筋肉をゆるめる作用があります。

しかしその効果を悪用して、性行為の際に興奮や快感を高めるため使用する媚薬として日本では20年ほど前から流通していたそうです。

薬物に詳しい捜査関係者は次のように話します。

「心臓がバクバクして立ちくらみのような状態になり、快感が倍増する。」

「特に男性の同性愛者の間で人気が高い。」

まじかよ…

ということは嵯峨元容疑者も同性愛者の可能性があるということですね…

2007年4月からこの「ラッシュ」は厚生労働省薬事・食品衛生審議会指定薬物部会において、指定薬物と定められており、 輸入および販売等は明確に違法とされています。

それでも多くの乱用者が存在しており、2015年においては月200件前後のペースで摘発されている危険ドラッグの密輸のうち大半がこの「ラッシュ」であったそうです。

本来治療目的で使用される薬品であるためアメリカでは違法薬物と定められておらず、アメリカで製造されたものを日本に輸入して使おうというケースが後を絶たないということですね。

もちろん乱用者たちは違法とわかっていてもなんとかばれずに輸入しようとするわけですから、なんとも恐ろしい…

嵯峨元容疑者も密輸してでも使いたいと考えて犯行に及んだのでしょう。

しかしこのような一時の快楽のために人生を台無しにしてしまわないように我々も気を付けたいですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です