練馬区や杉並区で大規模な停電!原因は送電線の火災!?現場の画像あり!


12日、15時30頃から東京都内の練馬区や杉並区で一時大規模な停電が起きました!1時間ほどでほとんど復旧したものの電車が止まったりと多くの影響が出たこの停電。原因は地中に埋められた送電線の火災によるものでした。今回は現場の画像とともに東京大停電の模様をお伝えしたいと思います

スポンサードリンク


約58万軒が停電!

12日、午後三時半頃に発生した東京都内における大規模な停電。

練馬区、北区、新宿区、板橋区、杉並区、豊島区、中野区などで約58万軒ほどが停電するという日本では近年稀に見る大停電でした。

1時間ほどでほとんどの建物が復旧しましたが電車が一時止まったり、信号機が消えたりと多くの人に影響が出た模様で、

停電時にはネット上でも…

「なにこれ恐い!」

「電車に閉じ込められた…」

「このまま講義できずに授業休講になればいいのに。」

などと様々な声が寄せられました。

確かにいきなり停電して電車やエレベーターに閉じ込められたらもう恐いどころじゃないですよね…

実際、今回の停電でエレベーターに閉じ込められたという報告が分かっているだけでも20件以上入っています。

講義が休講になればいいのにと期待してしまう大学生の気持ちも良く分かります(笑)

私は幸い関西在住なので被害にあわなかったのですが、ネットのざわつき様を見てかなり大きな停電だったのだと感じました。

スポンサードリンク


原因は地中送電線の火災!

この東京都内大停電の原因は埼玉県新座市(にいざし)の地中にある送電線の火災よるものだそうです。

送電線が火災により燃えて東京都内各所に電気が送れなくなってしまったわけですね。

これが現場の写真です。

cujfcc3xgaakb8a

 

 

 

 

尋常じゃない量のドス黒い煙がモクモクと上がっています。

大爆発が起きたようなこの写真もネット上ではかなり話題になっていますね(笑)

警察によると12日午後3時前に、

「地面から煙が出ている。数分前に『ボン!』という爆発音がした。」

と現場近くを通った男性から通報があったらしく、すぐに消防隊が駆け付け消火活動にあたったそうです。

この火災の原因は何なのか?という疑問に対しては、現在警察や東電が調査中ですが、

「テロではないのか?」

などと様々な憶測を呼んでいます。

確かにこれがもし人為的に起こされたものだとすれば大きな問題ですね。

しかし現時点では、なんらかの原因により地中に埋められた送電線がショートしたことで火花が発生。

その火花が送電線に絶縁剤として流れている油に引火したことが原因ではないかと考えられています。

送電線が切れたことにより発火して大惨事を起こした過去の例として、個人的に印象的だったのは2009年のオーストラリアの山火事です。

このとき起きた山火事は、シンガポールの電力会社「シンガポール・パワー」が金属疲労を防ぐための装置の設置や漏電防止システムの管理などを怠ったことで送電線が発火し、山火事につながって173人もの死者を出したという悲劇の事件です。

この山火事の場合は木や葉など燃えやすいものが周りにあったため特に大惨事につながりやすかったですが、今回の東京都内のケースにおいても東電による設備の管理不足などに原因があったという可能性も否定はできません。

幸い今回の火災による死者やけが人は今のところ報告されていませんが、しっかりと調査していただきたいですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です